教育してます?

著者 : 内田春菊
  • 角川学芸出版 (2007年9月発売)
2.59
  • (0)
  • (1)
  • (24)
  • (8)
  • (4)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211514

教育してます?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内田春菊は、どんなテーマの依頼が来ても、同じ内容でしか書けないらしい。
    教育がテーマのエッセイのはずが、中身はいつも通りの悪口と自慢話の使い回しだった。
    吉本ばなながもはやスピリチュアルな魂の救済しか書かないように、槇原敬之が恋ではなく高次元の愛の歌しか作らなくなったように、アーティストは大御所になると、バラエティに富んだ作品を量産するのではなく、自分の極めるべきテーマだけに邁進するようになるものなのかもしれない。
    その極めるべきテーマが、内田春菊にとっては自慢話と悪口なのであろう。
    自慢話と悪口のプロって、あまりいないだろうから需要があるのかもしれないですね。

    それにしても『教育してます?』ってタイトルの本で、今日は塩らっきょうを漬けた、だのなんだの、中身は他社のエッセイ漫画とほぼ同じなのに、出版社の担当はまともにお仕事していたのでしょうか。タイトルに偽りありすぎでしょう。
    あと担当が催促の電話をしてこないから〆切を忘れたとかすっぽかしたとか、こんな恥ずかしいこと堂々と書いてよく仕事もらえるなあ。そんなにぬるい業界なんでしょうか。

  • 「私たちは繁殖している」における私的な部分を抜き出したような内容の本。前夫(現在は前々夫)との離婚のゴタゴタや、ユーヤさんの両親の問題を、「繁殖」では結構細かに描いたようで、密林では非難ゴーゴーなレビューばかりだが、田野倉は嫌いじゃない。隠してる事だってあるだろうからね。

  • 914.6

  • 内田春菊、大好きだー!
    ただしやや影ありか!?

  • 母は強し!旦那もビンビンに強し!

  • 「普通の家庭」という概念が吹き飛ばされた!(笑)

  • 内田春菊が教育について語る?と思って読みましたが、イメージしてたのとは全然違うエッセイ集でした。

    もと夫の家族に対する非難は「わた繁」と同じ内容がまた書かれていて、リピートされるのが嫌い!と書いているのに自分の作品で同じネタが繰り返されるのはOKなのか?とちょっと不思議な感じ。

    支配が嫌い、という彼女の価値観は過去の作品にも表れている通りで独特の子育てを展開しているなーと思う一方、親にされた嫌なことは絶対に子供にしない、というところはめいっぱい共感するのでした。

    非難表現が多くて気が滅入ったので星は2つ

  • 図書館にて。
    相変わらず自分と夫の両親の悪口ばっかで、本当にたまってんのね、って感じ。
    でもあれだけぶっちゃけられるのはいいことなのかも。
    子供にも恵まれているし、いろいろあるけど幸せってことか…

  • この方の繁殖シリーズが大好きで(自分が妊婦&新米ハハな時にすごーくなぐさめられた)、最近の春菊さんはいかがお過ごしかしら??と読んでみた一冊。
    相変わらずユーヤ父との確執が続いているんですねぇ。
    そろそろ悪口じゃない話が読みたかったな。

  • やっぱりワタ繁(なら書くなよ)なんだな!
    寧ろ子供のファンなんだと改めて確信。
    面白いけどね。
    最近輪をかけてネタの使い回し大杉。

全20件中 1 - 10件を表示

教育してます?のその他の作品

内田春菊の作品

教育してます?はこんな本です

ツイートする