性転換

  • 10人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 古川智映子
  • 角川学芸出版 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211569

性転換の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脳(心)と体の性が一致しないのは苦しいだろう。日々の生活も性別なんて常々ついて回るものだし、そりゃぁ本人でなければわからないような苦労があると思う。

    一方、親としても苦しい。子供が悩んでいるのを見るのだってツライ。そんな風に産んじゃってゴメンねって。もし我が子がそこまで悩んで苦しんでいるのなら・・・とやっぱり性転換手術を認めてしまうかも。少しでも悩みを軽くしてあげたいから。ただそれでも肉体を傷つけて、健康な臓器を切除したり摘出したりするのは、正直なところ、やはり複雑な気持ちになる。

  • 周りの人が理解してくれるまで、大変なのが分かりました。

全2件中 1 - 2件を表示

古川智映子の作品

性転換はこんな本です

ツイートする