合本俳句歳時記 第四版

著者 :
制作 : 角川学芸出版  角川学芸出版 
  • 角川学芸出版
4.45
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (1096ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211675

作品紹介・あらすじ

「俳句の角川」、半世紀の結実!季語2537、傍題5034。精選された季語と傍題に極めつけの例句を配した実践的な内容。付録として「行事一覧」「忌日一覧」「二十四節気七十二候表」を収録。「忌日一覧」には俳人の代表句を掲げた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて買った歳時記がボロボロになったので買い替えた2冊目の歳時記です。
    ただ今はほとんど開けてません。
    それは内容が悪いわけでなく、あまりに最初の歳時記になじんでいたからです。
    最初の歳時記はもう大体、どこにどの季語が載っているか感覚で覚えるまでなじんでいたのでどうにも使いにくい。
    季語が2537、傍題は5034とこちらの方がたくさんの季語が掲載されているのですが、その割には最初の歳時記に載っている季語が載ってなかったりもします。
    そして、紙の箱に入っているため、いちいちそこから出して見ないといけないのがまだるっこしい。
    見たい時、サッと開けて見ることができないのはイラッときてすっかり間遠くなってしまいました。
    でもこちらを最初に買っていたらこちらの歳時記が一番使いやすい歳時記になっていたのだろうと思います。
    この歳時記も藤田湘子さんのオススメの歳時記の一冊で、季語の数といい、例句といい、素晴らしい一冊だと思います。

  • 趣味で撮影した写真につけるタイトルの参考になればと購入。
    正直、歳時記の善し悪しについては分からないが、文庫本サイズの大きさはパッと言葉を探すのに重宝しそうなサイズだと思っている。
    また、表紙が柔らかいため、他の辞書と違い、言葉を探しやすいという印象も受けた。

  • 今まではやや古い歳時記を使っていましたが、新しい歳時記もいいですね。気分だけでも若返ったようになりました。決して古い歳時記は良くないと言っているのではありません。『入門歳時記』『基本季語五〇〇選』は素晴らしい歳時記です。

  • 買った本。

    一冊ですむ歳時記としては現在「基本季語五〇〇選」を持っていて、特に不満もありませんが、もうひとつくらい同様のを持っていたら豊かかな、と。
    ただし一冊にまとまっているのが好みです。
    特に句作をするためでもないので全シーズンの季語をいつでも読める方がいいのです。
    この角川書店のは定評もあるようだし、悪くなさそうに見えました。
    文庫版5冊をまとめたものだそうです。
    サイズもほぼ文庫です。

    中身を覗いてみました。
    題として取り上げられている季語は2537なので「基本季語」の五倍ですが題となっていないもので取り上げられている数がどうかはわかりません。

    ひとつひとつの説明はこの「合本」のほうがあっさりしており最低限の知識をすぐに得たい場合はこちらの方がいいでしょう。
    成り立ちなどからくわしく知りたいときは「基本季語」の方がいいでしょう。

    例句は「基本季語」のほうが圧倒的に多いようです。

    今のところの結論。
    簡単に調べたいときにはこちら「合本」を。実作むきでしょう。
    読物として楽しみたいときには「基本季語」を、といったところでしょうか。

  • 高校の時、校内の俳句コンクール??みたいなので入選してもらった(笑)
    やたらと俳句に力いれてた高校だったな〜。
    せっかくもらったので、ぱらぱらとめくって、
    「踊る」が季語であることを知り、一句詠んだ。
    そしたら・・・・ね。(ニヤリ笑)

  • 美しい言葉と例句がたくさん詰まった、お得感のある一冊。まず本質が失われ、そして言葉が失われるのだと思った。失われたものを勉強机では学べない。息子にとって「焚火」という言葉は、もはや冬の季語として機能しない。

全6件中 1 - 6件を表示

一般書の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

合本俳句歳時記 第四版はこんな本です

合本俳句歳時記 第四版を本棚に登録しているひと

ツイートする