[ニッポン学]の現在 GENJIからクール・ジャパンへ

制作 : 明治大学国際日本学部 
  • 角川グループパブリッシング (2008年5月23日発売)
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211811

作品紹介

ゲンジ、スシ、カラオケ、マンガ、いまや世界に通用する日本語は数多い。社会・経済問題からポップカルチャーまで、国内からは文化としての情報の発信、海外からは日本研究の最前線を語り、クール・ジャパンといわれる文化の力はどこからきたのか、そしてどこへ行くのかを探る。

[ニッポン学]の現在 GENJIからクール・ジャパンへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・おたくの街としての秋葉原は(それ以前から明らかにおたくの街ではあったが,マスコミ等の話題にはなっていなかった)千と千尋の神隠しのヒットによって発見された

  • どれを読んでも物足りない割れおかきの寄せ集め。

  •  社会や経済問題、サブカルチャーだけではなく、海外の日本文化研究事情についてもまとめられた、日本研究に関するオムニバス論考集。発刊されてから相当年数が経過してしまっているのだが、海外の日本研究事情について海外からの論考や評価がまだ入りにくい状況の中で、海外の研究者のレポートが一冊にまとめられている点で、貴重な一冊。あとは執筆者の個々の論考を読むべし。特に面白かったのは小笠原泰「第3章 「日本的な」を理解する視座」。小笠原泰(2006)『なんとなく、日本人――世界に通用する強さの秘密』(PHP研究所[PHP新書402])の内容と重複するが、日本人がグローバル世界にどのように打って出るべきかの手法が、『なんとなく、日本人』よりも深く述べられている。

  • 【資料ID】84848
    【分類】361.5/Me25

全5件中 1 - 5件を表示

[ニッポン学]の現在 GENJIからクール・ジャパンへはこんな本です

[ニッポン学]の現在 GENJIからクール・ジャパンへを本棚に登録しているひと

ツイートする