藝術の国日本 画文交響

著者 :
  • 角川学芸出版
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (612ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211873

作品紹介・あらすじ

絵画と詩歌、美術と文藝-二つの領域が響き合い、親和する列島の文化空間を往還し、藝術の国としての日本のすがたを描く論文とエッセイの連珠集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今井俊満とパリ日本館で同宿だったとか、森有正と親交があったとか、そんな時代の美術研究者。
    分厚い「画文交響」の本だが、私は「小出楢重」の章が面白かった。江戸文化とも西欧文化とも異なる関西文化の粋・・、画文の人。あの谷崎の「蓼喰う虫」の挿絵はもう抜群で大好きだから。

  • 手を伸ばせば
    そこに
    こんな芸術があるよね

    その気になれば
    すぐ近くに
    気持ちをのびやかにしてくれる
    ものが
    ここに
    あるよね

    私たちは
    私たちの国の
    芸術たちを
    本当に
    知っていないなぁ

    心地良く
    気持ちを揺らされる
    一冊です

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

芳賀徹

1931年山形県生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。同大学院比較文学比較文化博士課程修了。東京大学教養学部教授、国際日本文化研究センター教授、京都造形芸術大学教授、同大学学長などを歴任。97年、紫綬褒章受章。2006年、瑞宝中綬章受章。2018年、日本芸術院賞恩賜賞。2020年2月逝去。著書に『大君の使節』(中公新書)、『みだれ髪の系譜』(美術公論社)、『平賀源内』(朝日新聞社、サントリー学芸賞)、『絵画の領分』(朝日新聞社、大佛次郎賞)、『与謝蕪村の小さな世界』(中央公論社)、『詩歌の森へ――日本詩へのいざない』(中公新書)、『藝術の国日本 画文交響』(角川学芸出版、蓮如賞)、『文明としての徳川日本』(筑摩選書)、『桃源の水脈 東アジア詩画の比較文化史』(名古屋大学出版会)など多数。

「2021年 『文明の庫 Ⅱ 夷狄の国へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芳賀徹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×