うつぼ舟III 世阿弥の神秘 (うつぼ舟 3)

著者 :
  • 角川学芸出版
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046211934

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっと世阿弥にきたのだが、「世阿弥の人生を論ずるには彼の作品の範囲を確定し、それらがいつつくられたのかを明らかにしなければならないが、それはまことに困難なことである」(p8)。
    ということで著者の挑戦に拍手を送りたい。
    WEBマガジンに載っていない、湊川神社や須磨への調査を6章と7章に載せてあるのが、旅を誘惑します。先週、五色塚古墳を見にいったときに正成や義経は念頭にありましたが、源頼政が須磨に縁があったとは知りませんでした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

梅原 猛
哲学者。『隠された十字架』『水底の歌』で、それぞれ毎日出版文化賞、大佛次郎賞を受賞。縄文時代から近代までを視野に収め、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する〈梅原日本学〉を確立の後、能を研究。

「2016年 『世阿弥を学び、世阿弥に学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

うつぼ舟III 世阿弥の神秘 (うつぼ舟 3)のその他の作品

梅原猛の作品

うつぼ舟III 世阿弥の神秘 (うつぼ舟 3)を本棚に登録しているひと

ツイートする