日本怪魚伝 (角川地球人BOOKS)

著者 :
  • 角川学芸出版
3.40
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046213020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつては、私も釣りキチ三平だった。小学生では釣りにも行けない秘境の大物に思いを馳せ、小魚ほどもあるルアーを買い揃えたこともあった。一晩幸せになりたかったら、酒を飲みなさい。三日間幸せになりたかったら、結婚しなさい。一生幸せになりたかったら、釣りをしなさい。
    荒川をランニングすることはあっても、シーバスはおろかハゼ釣りさえ叶わないが、今夜はせめてバーボンを飲みながら、釣りの夢でもみようか。

  • 思いのほか面白かったです。

  • 怪魚を題材にした掌編小説? でかいナマズの話がほのぼのとして好き。 

  • 2009/10/26購入

  • 子供のころ、釣魚図鑑に夢中になっていました。
    今では、つりに夢中です。
    子供のころは、自分で釣りをしに遠征したりはできなかったから、図鑑で夢を広げていました。
    そんな子供のころの感覚を思い出しました。

    自然と触れ合いながらその懐の深さと儚さを釣りという娯楽は教えてくれます。

    それぞれの魚の話に、じんわりと心を溶かしてもらえました。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

(しばた てつたか)
1957年東京都生まれ。日本大学芸術学部中退。2006年『下山事件 最後の証言』で第59回日本推理作家協会賞(評論その他の部門)と第24回日本冒険小説協会大賞(実録賞)をダブル受賞。2007年『TENGU』で第9回大藪春彦賞を受賞した。他の著書に『異聞 太平洋戦記』『チャイナ・インベイジョン 中国日本侵蝕』『デッドエンド』『WOLF』『下山事件 暗殺者たちの夏』など多数ある。

「2017年 『クズリ ある殺し屋の伝説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本怪魚伝 (角川地球人BOOKS)のその他の作品

日本怪魚伝 (角川文庫) 文庫 日本怪魚伝 (角川文庫) 柴田哲孝
日本怪魚伝 (角川文庫) Kindle版 日本怪魚伝 (角川文庫) 柴田哲孝

柴田哲孝の作品

ツイートする