不良のススメ

  • 角川学芸出版
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046214775

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主にショーケンが大麻で捕まった後、寂聴さんの世話で天竜寺で雲水見習いをした顛末を中心に書かれている。
    直後のマスコミの様子や、雲水修行の大変さ、大麻でどんな感覚になったか触れているが、なぜ大麻に手を出したか、わからなかった。
    他にも四国のお遍路で八十八か所の札所を2順半したとか。ストイックな面と、天衣無縫な面をおもちのようです。

    それにしても、ショーケン愛されているのね。テンプターズヤ傷だらけの天使、前略おふくろ様で一世を風靡したけれど、そのあとはあまり目立った作品も聞きません。しかし、こうして期待されている人はいずれ何か残してくれるのでしょう。

  • 歩くことは人間の原点。
    ショーケンもお遍路していたんだ。本当の自分を見たかったんだ。本当の自分を見るなんて普通はいやだ。
    不良というのは、普通の社会では受け入れられない。でも魅力的。
    一番つまらないのは優等生。
    上り坂より下り坂でひとは大きくなる。下り坂は勉強ですね、いろんなことを覚えるよ。

  • 不良って、ショーケンである以上に瀬戸内寂聴の方ですね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

せとうち・じゃくちょう 1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。1957年に「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる(旧名晴美)。1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞受賞。1998年『源氏物語』現代語訳を完訳。2006年に文化勲章を受章。他の著書に『釈迦』『死に支度』『わかれ』『求愛』『いのち』など多数。

「2018年 『花のいのち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬戸内寂聴の作品

ツイートする