デザインの知〈vol.1(2007)〉 (デザイン哲学叢書)

制作 : 降旗 英史  東北芸術工科大学デザイン哲学研究所 
  • 角川学芸出版 (2007年2月発売)
3.56
  • (2)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046216212

作品紹介

巨大進化を続けるデザインは、その力を何のために使うかを考える智慧と、「人間の生」の尊厳を守り、「自然の生」を畏敬し慈しむ心をいま必要としている。デザインの目的である「幸せな生活」、「真の豊かさ」とは何かを問い、「目指す社会はどうあるべきか」を指し示すための深い洞察と哲学、そのデザインの知を生成し続ける「デザイン哲学研究所」の紀要。

デザインの知〈vol.1(2007)〉 (デザイン哲学叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一見読み難そうですが、右半分は英訳で、中身も哲学というよりは論文っぽい文章が多いのですぐ読めます。 普段読むデザイン本というと広告やグラフィック系が多いのですが、本書は様々な立場からデザインに携わっている方々ばかりで新鮮でした。興味深いプロジェクトもいくつかありました。ただやはり年配の方の考え方はアンチ近代化って感じですね。如何に上手く共存していくかが課題ということでしょうか。

全1件中 1 - 1件を表示

デザインの知〈vol.1(2007)〉 (デザイン哲学叢書)はこんな本です

ツイートする