人と対話するコンピュータを創っています 音声認識の最前線

著者 :
  • 角川学芸出版
3.88
  • (6)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046216403

作品紹介・あらすじ

音声認識研究の第一人者が、「人と対話するコンピュータ」開発の最前線をわかりやすくレポートした、唯一の本。コンピュータによる音声認識の歴史や、その技術にまつわる、いろいろな話題にも触れている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんな技術が使われてるのか、教養として薄く広く知っときたくて読んだ。

    数式ばっかりに頼るんではなく、ちゃんと文章で説明してくれてる所が多かったので、パラパラと読みやすかった。

    技術書なこともあり、評価なし。

  • 東工大の先生が書いた本。大学の図書館で借りたが、とてもわかりやすくまとめられていて楽しかった。言葉・音声の基本から説明されている。

  • これから音声認識の世界に入りたいなーと思う人には入門書としてよいと思います。

  • 内容は悪くない。説明不足の点は否めないが、わかりやすい言葉で書かれている。
    でも、構成、イラスト、読みにくさ、本としては残念なでき映え。編集が本を潰してしまった。

  • 数式をつかわずに教科書的な内容を列挙している,ような内容である.
    ていねいに書かれているので,音声認識を勉強しはじめの学生や研究者には役立つかもしれない.
    しかし,研究現場のエピソードや,研究者たちの考え方,などをもっと多く詳解してもらえれば,臨場感が伝わり,一般向けにも面白かったかも知れない.

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする