おとなの頭痛を治す本 頭痛・めまい・耳鳴り・難聴の最新治療がわかる

著者 :
  • 角川学芸出版
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046216601

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 酷い

  • 読了からもうすぐ2年。
    知っているのと知らないのでは全く違う。
    私は前兆に閃輝暗点のある脳梗塞のリスクが高いタイプの偏頭痛だったが、
    生活習慣などを見直したら閃輝暗点にはもう1年以上なっていない。

  • 片頭痛もちの患者はすくなくない
    ただ当初でていたイミグランはそんなに処方されている気がしない

    セロトニンをいじるのはやはり 怖いのだろうか
    Q&Aで機序や対策がわかりやすく説明しているのがいい

    結論としてかなり帯状疱疹ウイルス(水痘ウイルス)が2次性頭痛の
    原因としてあげている 実際そう思うし頭痛が酷い患者はヘルペスを
    わずらっていたりする傾向があるとおもう

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ。東京女子医大付属病院・脳神経外科頭痛外来、汐留シティセンターセントラルクリニック勤務。厚労省頭痛ガイドライン研究班研究委員。クリニックの評判は高く、マスコミ等で紹介されることも多い。

「2013年 『めまい・耳鳴りをすっきり治すコツがわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水俊彦の作品

おとなの頭痛を治す本 頭痛・めまい・耳鳴り・難聴の最新治療がわかるを本棚に登録しているひと

ツイートする