放送禁止

著者 :
  • 角川学芸出版
2.54
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046216649

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 異色作家、長江俊和さん、「出版禁止」(2014)、「掲載禁止」(2015)に続いて「放送禁止」(2009)を読みました。この本はさいたま市の図書館に1冊しかなくて、2016.1.12に予約して、2017.2.8に届きましたw。呪われた大家族、ストーカー地獄変、しじんの村などの放送禁止になったテレビ番組について取材メモをもとに再構成したものだそうです。やらせのような気もするし、奇妙なはなしのようにも思えます。1年待って読むほどの本でもないし、まして買って読むほどでもないと思います。読んでわかったんですがw。

  • 呪われた大家族
    父親は、奥さんに毒入りの牛肉の佃煮を食べさせられ猫の死体と一緒に埋められたのではないだろうか?
    ストーカー地獄編
    希美自身も原因。新幹線が謎。奧さんの復習かと思ったが、男性は一体誰なのか?
    しじんの村
    自殺志願者の手助けをしたい村長自らが自殺。しじんの村が、しにんの村へ

  • 何も知らずに恐い本かな?と思って読んでみたら、「意味がわかると恐い話」ジャンルでした。
    あまり好きではないジャンルのためか、なんじゃこりゃ状態。
    意味がわかっても怖くないため、謎解き本として読んだ方が良いかも。

  • トリックが好きな人向け

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1966年大阪府吹田市出身。映画監督、脚本家、作家。制作会社ネビュラ代表取締役。映画『ゴーストシステム』、『放送禁止劇場版 ~密着68日 復讐執行人』、『不安の種』、TV「富豪刑事」、「奇跡体験!アンビリバボー」、「世にも奇妙な物語」、「離婚弁護士」などで監督を務める。

「2016年 『放送禁止』 で使われていた紹介文から引用しています。」

放送禁止のその他の作品

長江俊和の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする