KGビジネスブックス 利益を生みだす人事改革 7つの法則 人事科学の新たなグローバルスタンダード

著者 :
  • 角川学芸出版
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046219145

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほどーとは思うが、自分の統計スキルの不足により職場のデータに使うのはしばらく先になりそう…

  • "著者は、多くの企業の人事部は無駄に費用を使っているという。そして、金の眠っている場所が人事だともいっている。
    無駄遣いしている理由は5つ。自分なりに解釈したものを含めて内容をまとめると・・・・
    1.数字に弱い
     相関係数、t検定、分散分析、回帰分析、因子分析、主成分分析、クラスタ分析など知らない人事部がほとんど。
    2.権威に弱すぎる
     すでに確立した理論が、どんな背景で生まれたのかを理解しないまま、フレームワークとしてあてはめる傾向が強い
    3.経営意識がなさ過ぎる
     人事施策に投資したものが、どのような形で利益に貢献できたのかを検証しきれていない。
    4.プレッシャーに弱すぎる
     利益追求へのプレッシャーから逃れている人事部が多いとのこと。コスト削減についてすぐ批判的な声を上げるのは人事部らしい。つまり、こうした経営、利益を生みだすための仕事=プレッシャーから逃れているという。
    5.論理思考に弱すぎる
     時代のキーワードをカタカナで語りたがる。全体のグランドデザインを示し、人事施策を語れる人が少ないということか?

    著者の経験から上記のごとくであり、人事部として行うべきことを企業の実践例を交えて紹介しているのが、本書。

    1.採用、2.リーダー育成、3.研修効果、4.メンタルと早期退職、5.人事制度への不満、6.経営理念の浸透度、7.企業価値向上する人事の姿とは

    この7つのテーマについて語っている。"

  • 著者はwealth share株式会社 代表取締役
    http://www.wealthshare.co.jp/index.html

    【読書メモ】

    ・ 著者の主張:人事科学による経営革新
       ?人事には科学が必要だ
       ?人事に科学を使えば、無駄な費用を削り、売上を伸ばすことが可能だ
       ?人事に科学を使えば、企業価値を向上することも可能だ[more]

    ・ 法則
       ?勝利の採用方程式を作りなさい
       ?胆力を見なさい
       ?研修とカネをリンクさせなさい
       ?企業も人も倒れる前に予測しなさい
       ?質のいいテストを作りなさい
       ?全部数字にしなさい
       ?マーケットを観察し、戦略を伝えなさい

    ・ 各章の○○完全マニュアル
       採用シートの作り方完全マニュアル
       リーダー選抜完全マニュアル
       研修効果測定完全マニュアル
       社員意識調査:設問設計・解析完全マニュアル
       人事評価:制度設計完全マニュアル
       風土融合完全マニュアル
       人事戦略の株価インパクト測定完全マニュアル

    ・ 活躍するリーダーの6つの精神要素(LESQ6)
       【対自分群】?有能感 ?内省
       【対他者群】?転移 ?情緒肯定
       【対物群】 ?こだわり ?事業性向

    ・ 企業価値モデル:株価を上げる人的資源投資の要件
       レベル1 リアクションとアクションプラン: プログラム参加者の反応を測定し、実施に対する具体的な計画を大まかに描けているか
       レベル2 ラーニング: スキル、知識、態度の変容を測定できているか
       レベル3 ジョブ・アプリケーション: 実際の職務における行動の変化と具体的場面での応用を測定できているか
       レベル4 ビジネス・リザルト: プログラムのビジネス上の影響を測定できているか
       レベル5 ROI: プログラムの成果とプログラムのコストの金銭的価値を測定できているか
        ↑
        情報の非対称性の存在
        ↓
       レベル6 IR: プログラムに投下する資本からのリターンが株主・資本家に示されているか
       
     

    【目次(抜粋)】
    序 ヒトにまつわるカネの無駄遣いがなぜ起こるのか
       数字に弱すぎる
       権威に弱すぎる
       経営意識が無さすぎる
       プレッシャーに弱すぎる
       論理志向に弱すぎる
    1.なぜいい人材が採用できないのか
       相関係数を学べ
       採用シートはこう作れ
       採用打率を数字で語れない人事部員は退場せよ
       若者をもっと見つめろ ~若者が辞めるのは見る目の無い人事のせいから
    2.なぜ次世代リーダーが社内にいないのか
       マネジャーとリーダーを間違えるな
       肝識を科学せよ
    3.なぜ研修が役に立たないのか
       ビジネスニーズと研修をリンクせよ
       業績に相関の高い研修以外は捨てよ
    4.なぜメンタル問題と早期退職がいつまでも発生するのか
    5.なぜ人事制度へのhumanが消えないのか
    6.なぜ経営理念が浸透しないのか
       業績は経営理念の浸透で決まることを示せ 
       ダイバーシティを誤解するな
    7.企業価値が向上する人事の姿とは
       米国では人事戦略の株価への影響が計測されている
       日本企業の人事戦略を株式市場は完全に無視している

  • 人事コンサルタントが既存の採用の問題点の指摘と科学的な採用・育成をどのように行うかを体系的にまとめている。「採用学」よりはもう少し実践的な内容。

    既存の採用の問題点
     主観や勘などにたよった曖昧な採用・人事システム
     全体として費用対効果が見えない

    筆者が提案する手法の要旨
     既存の社員のデータ分析から、パフォーマンスと高い相関を持つ因子を分析せよ
     研修の費用対効果を分析し、どれくらいの回収率が見込めるかを見極めよ
     心理検査で自社の企業理念と会わない社員、部署に適さない社員を把握せよ

    科学(主として統計学)を盛り込んでいる分、説得力はある反面、その手法の問題点の指摘がなく、やや高圧的なため反感を覚える人はいるかも。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1962 年、東京生まれ。法政大学社会学部教授。著書に『村上春樹と物語の条件』(青弓社)、『「心の闇」と動機の語彙: 犯罪報道の一九九〇年代』(青弓社ライブラリー)、『眼の奥に突き立てられた言葉の銛』(晶文社)、共著に『戦後・小説・沖縄』(鼎書房)、『失われざる十年の記憶』(青弓社)、『ケアとサポートの社会学』(法政大学出版局)など。

「2016年 『死者の土地における文学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木智之の作品

ツイートする