ベルナのしっぽ 盲導犬とななえさん (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : 影山 直美 
  • 角川グループパブリッシング
4.21
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昭和から始まってるから、世間の認識や犬への対応が今と大分違うなー。盲導犬にひどいことする奴って必ずいつもいるのはなんでだろ。地獄さ堕ちろ(♯`∧´) 褒められたい一心で、何かしてあげたくてたまらなくて、そんな犬がいじらしい(>人<;) ベルナ、いい子だね。

  • 162

    2016年では42冊

  • 目の障害を持ったななえさん。盲導犬のベルナと一緒にたった10年ほどしかない日々をすごしていきます。しかし、お別れの日が、、、

  • 盲導犬のいたずらという犬らしさや、プライドという尊厳も学んだ。水たまりをよける訓練とか、まだまだ知らないことがたくさんあるなぁと思いました。

  • 「そういえば、ちゃんと読んだことがなかったな」と思い、角川つばさ文庫版(すべての漢字にルビが振られている)で読んでみた。
    旦那さんも盲目の方だったのですね……しかも、ベルナの死後3ヵ月後にお亡くなりになったとか。やりきれない気持ちでいっぱいだったと思います。
    盲導犬と言えば、一時、結構見かけたが、最近は全然。やはり、まだまだ数が足りないということだろう。苦労も喜びもともに過ごしてきたベルナの最期は、思わず号泣。
    続編も読むぞ。

  • 子どもに買ってきたのだけど、先に読んでみて思ったより良かったので何だかうれしくなりました。
    タイトルは知っていたのだけど読んだのは初めて。犬嫌いのななえさんがベルナと出会ってから別れるまでが優しい空気の中に描かれています。現実には厳しいこともいっぱいだけど、それでも家族、友人、周囲の心ある人々とのつながりが温かく綴られています。
    イラストも今時だけど可愛らしくて気に入りました。

  • こういう本も読まないんですが
    いいお話でした。

    わたしは動物はおろか植物もろくに育てられないのですが
    生き物といっしょに生活するのっていいなあ・・と思いました

    自分が目が見えなくなったら、とか考えるとこわいなあ
    自分にいわゆる障害ができたらその障害とつきあっていけるのかなあと心配になります
    なんか負けちゃいそうだな・・

全7件中 1 - 7件を表示

ベルナのしっぽ 盲導犬とななえさん (角川つばさ文庫)のその他の作品

郡司ななえの作品

ツイートする