チェリーブラッサム (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : ミギー 
  • 角川グループパブリッシング
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310057

作品紹介・あらすじ

中学2年生になったばかりの実乃は、お父さんと姉の花乃との3人ぐらし。さいきん、なぜか素直になれなくて、ためいきばかり。そんなある日、とつぜんお父さんが「会社をやめて、家族で『便利屋』をやるぞ」と言いだした。そこに、幼なじみのハズムから飼い犬のラブリーをさがしてほしいと依頼が舞いこむ。にわかに中学生探偵となった実乃は…。山本文緒の傑作ミステリー。小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年4月15日

    装丁/ムシカゴグラフィクス

  • 山本文緒先生のコバルト文庫時代の作品を角川つばさ文庫から新装刊されたものです。
    「便利屋になる!」というお父さんの突然の宣言にふりまわされながらも少女探偵として活動をはじめる主人公がいじらしい。
    とにかくかわいくて大好きなお話です。

  • ミギーさんだ!ミギーさんだ!相変わらずかわいい絵だな〜!と読む前からテンションあがってました。笑
    絵とお話や文体のやわらかさがマッチしすぎてやばかった。わくわく楽しいはなし。永春さんかっこよすぎる。坊主萌え!><

    でも読んでからハテ山本さんってこんなお話書くひとだっけ? ってなりました。
    なんかもっと大人でどろどろ恋愛もの書いてるひとだと思ってました

  • “「重大発表だ」
    こういう切りだし方ははじめてだな。どうせ今日から菓子は御法度とか言うんじゃないの。
    「今日、3月31日をもって、お父さんは会社をやめた」
    「……え?」”

    父親のとんでもない宣言、「便利屋をしよう」という言葉から展開していく物語。
    ……かなぁ。
    実乃の気持ちが痛いほどわかった。
    ミギーさんのイラスト素敵。

    “「私、自分がきらい」
    「なんで?」
    「……ひがみっぽいんだもん」
    「そうか、そうか」”

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1962年11月13日横浜生まれ。 神奈川大学卒業後、OL生活を経て、87年「プレミアム・プールの日々」でコバルト・ノベル大賞、佳作受賞。 99年「恋愛中毒」で第20回吉川英治文学新人賞、 2001年「プラナリア」で第124回直木賞受賞。

「2016年 『カウントダウン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チェリーブラッサム (角川つばさ文庫)のその他の作品

山本文緒の作品

ツイートする