大江戸神龍伝バサラ! (1)龍、覚醒せり。 (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : 裕龍 ながれ 
  • 角川グループパブリッシング
4.07
  • (6)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310132

作品紹介・あらすじ

プチ家出のつもりで夜の神社にやってきたさくら。ご神木のクスノキの梢にすわる白装束の美少年を見たそのとき、江戸時代にタイムスリップしていた!さくらをよんだのは婆娑羅丸-通称、龍。おでこに3つめの目をもち、モノノケをつかい魔にする、ふしぎな男の子。「もとの世界に帰っちゃダメ!」と言われて、さくらは…。想いが時を超えるロマンチックアドベンチャー。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイムスリップするところが、おもしろかった。

  • 購入日:2009/03/??
    読了日:2009/03/09
    作者名で買ったのだけれど、漫画っぽいイラストにはもう飽き飽きしているよ。
    もくじページの土御門幻真は子どもっぽいのに、中のイラストでは結構年をとっているように見えるね。

    婆裟羅丸と幻真の戦いの場面、かったるかったなあ。
    セリフが思いっきりセリフっぽいよ。

    さくらの背後に観音像って!
    笑える以外の何物でも無いのだが。

    裏表紙に<ロマンチックアドベンチャー>と書いてあるけれど、本当だね。
    ざわざわするよ。

  • 絵が可愛かった!
    特に龍の変化した美少年姿が…。
    面白かったです〜!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1960年、福岡県生まれ。日本大学法学部卒業後、歴史雑誌編集者を経て作家となる。『十二階の柩』(講談社)でデビュー。『名探偵夏目漱石の事件簿』(廣済堂出版)で第八回日本文芸家クラブ大賞受賞。『石原莞爾』(PHP研究所)『お宝探偵団とわがままミカド』(学研)など著書多数。

「2018年 『マリー・アントワネットと名探偵! タイムスリップ探偵団眠らない街パリへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大江戸神龍伝バサラ! (1)龍、覚醒せり。 (角川つばさ文庫)のその他の作品

楠木誠一郎の作品

ツイートする