天才作家スズ秘密ファイル(2) マカロン姫とペルシャ猫 (角川つばさ文庫)

著者 : 愛川さくら
制作 : 市井 あさ 
  • 角川グループパブリッシング (2009年4月15日発売)
4.25
  • (9)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 52人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310217

天才作家スズ秘密ファイル(2) マカロン姫とペルシャ猫 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤本ひとみ氏が好きで、市井あさ氏も好きなので、つい借りてしまいました・・・。笑
    kzシリーズよりも藤本色が濃いいというか、マリナシリーズだよねこれ・・・(笑)、ちゅう具合。

    いや、和矢よりもカイのほうが優しい? 優しいっていうか、スズに対する扱いが、よく言えば妹、悪く言えば「アホの子」扱いで、ちょっとこうなんちゅうかこう・・・。(;^ω^)

    最近この手のレーベルをあれこれ読んでるけど(笑)、果たしてこのシリーズは平成に受け入れられるのかしら。
    もっと、わかりやすい「名言」がはいっていたり、わかりやすく男子が格好いいのが、昨今の流れなのかな~、と、思っているので、ある意味現実味たっぷり(の、わりに基本は少女趣味全開)の著者のシリーズはやっぱり昭和なのかな。

    昭和育ちの私はじゅうぶん楽しんでるけどね・・・。笑

    でも、事件が起こって、それなりにアクションシーンもあって、最後にはパパッと解決しちゃうという内容はサーッと読めて楽しいで。
    ミステリらしく登場人物は(モブも含めて)多いけど、人間同士のドロドロが少ないのが著者のいいところ。

    しかし、マカロンは好きじゃないんやけど、むしょうに食べたくなってきた・・・。
    (「和パティシエール」にもマカロンが登場したので・・・)

    ほんで、カイの名前が「冬馬戒」やったのがびっくりした・・・。
    著者のネーミングセンスはほんまに凝ってる。なるほど、カイってそう書くのかー。
    無事中学生になれるみたいやし、次作は学校を舞台にするんかな。

    間を開けずにサクサク読んでみよう。なんかし、挿絵が好きだ・・・(笑。イヤ内容ももちろんね)。

    (2017.04.01)

  • チビ1号、お友達のお姉ちゃんに頂いた

  • まあまあだよ。
    読んでそんはない。
    クラスに一人はいそう。

  • ・おもしろい。
    ・シンデレラのお城へ!おもしろい。

  • 女性にも受けが良いテイルズオブヴェスペリアやテイルズオブハーツのタイトルを確認。
    今回も事件が起きるがスズはほぼワトソン役でホームズはイケメンに、そして今回も殺人事件ではない、バカ話。
    ひょっとして毎回お菓子の作り方が載っているであろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

愛川さくらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

天才作家スズ秘密ファイル(2) マカロン姫とペルシャ猫 (角川つばさ文庫)はこんな本です

ツイートする