小説 アトム大使 (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : 西島 大介  手塚 治虫 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.83
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310590

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『多重人格探偵サイコ』『三つ目の夢二』原作・大塚 英志 による、「もうひとつの、アトムの始まりの物語」。

    手塚治虫の同名作品を、学童向けジュブナイル小説としてリメイクした作品。

  • 手塚治虫の鉄腕アトムの初期バージョンである、アトム大使の小説版。角川つばさ文庫という小学校中学年くらいからを対象にした文庫。
    手塚のアトム大使を読んだことがないので、ノベライズって感じなのかはわからないが、大塚の「アトムの命題」によれば大筋はそのままなのだと思う。
    大塚英志の要素満載。このアトムは憲法前文を体現している存在なんだなと感じる。

  • 西島さんのイラストも手伝ってか、アトムが凄く可愛らしい!!!
    面白かったです。
    未来は子どもが作る!
    大人は子どもを守る!

  •  あの大塚英志さんが「アトム」を書いた! しかも児童書って! 書店で一目ぼれ、購入の流れな。
     でも考えてみたら、大塚さんの文章を読むのは初めてかもしれない。と思ったけど、ササキバラ・ゴウさんとの共著『教養としての「まんが・アニメ」』を読んでいたことを調べて思い出した。

     いやあ、児童書だからといって侮れないっすわ。王道展開でありながら、現実社会への皮肉込めーの、意外性出しーの。普通に楽しんでしまった。
     うわー、色々言いたい! ネタバレしたい! この本について語りたい!

     ・・・しかし児童書にイスラエル・パレスチナ問題を諭されるとは思わなかったです><。それにしてもちょっと色々盛り込みすぎなー。

     ところで往年の「鉄腕アトム」ファンは、この作品をどう捉えるんですかね? やっぱ否定的?


    【目次】
    小説 アトム大使
     第一章 雨の中のタワー
     第二章 ロボットサーカスの対決
     第三章 お父さんの耳
     第四章 ぼくともう一人のぼく
     第五章 見えない展望台
     第六章 ぼくが宇宙大使になった日
     第七章 ぼくがぼくであること
     第八章 赤シャツ隊と黄色い星
     第九章 ピエロ男の正体
     第十章 アトムのひみつ
     第十一章 空の向こうで戦争が始まる
     第十二章 ぼくたちの作戦
     エピローグ ぼくたちの約束
    (イラスト 西島大介)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大塚 英志(おおつか えいじ)
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。
評論では『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

大塚英志の作品

小説 アトム大使 (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする