怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻 (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : しゅー 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.19
  • (23)
  • (6)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 副題に「2代目怪盗、デビューする☆の巻」とある。

    13歳になったら「怪盗」をつぐよう父親から言われたアスカ。
    いとこの天才ケイとコンビを組み、持ち前の運動神経を生かして怪盗修業がはじまる。

    大男の背中に回って、足のひざ裏を蹴っとばす。
    ガクン、と大男の体がよろめく。
    「いける!」
    『アスカ、ちがう。それは誘いだ!』
    えっ。p.224

  • H29年度イベント「ブックリンク~本でつながる心と心~」で、中学生が紹介してくれた本です。

  • アスカみたいな身体能力が欲しい…。あれだけの身体能力があったら、色々なことが、楽しくなりそう…。アスカのお父さんも、アスカと同じぐらいの身体能力だったのかな…。

  • ・性格が全くちがう2人のやりとりがおもしろかったり、毎回いろんな人や事件に会うのがとてもおもしろかったから、いいと思いました。
    ・主人公(怪盗レッド)がぬすまれ物をぬすみ返す正義の怪盗のシーンも、学校のいろいろな行事をもとにされたシーンも、とてもおもしろく、とてもはまりました!!
    ・おもしろいところ
    ・ドキドキワクワク楽しい怪とうの物語です。最後までどうなるかわかりません。
    ・アスカとケイでダッグを組み、2代目の怪盗レッドになります。アスカが物をとりもどす運動役で、ケイがどうすればいいか考える頭脳役で、なにもかもちがう2人だけど、いいとこだらけのお話になっていて読んでいて楽しいです。
    ・おすすめのポイントは「怪盗レッドの本領発揮」の場面です。ケイの作戦とアスカの実行力がためされる場面で、どうなるのかドキドキワクワクします。

  • (2016-07-31)

  • 有名な怪盗レッドが小学生の無口なケイと数学が苦手なアスカだったことに驚きました。
    ケイが幼稚園児で高校レベルのパズルを解いているのが面白かったです。

  • 面白い

  • チビ1号、小学校にて

  • 爽快感があり面白かったが、敵との戦いの場について(たとえば○○ショップとか)事前情報がなかったせいで、ご都合主義に見えたのが惜しい。

  • いとこで悪党をこらしめる怪盗レッド。ドキドキします。

全17件中 1 - 10件を表示

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻 (角川つばさ文庫)のその他の作品

秋木真の作品

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻 (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする