夢美と愛美の謎がいっぱい? 怪人Xを追え! (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : 杉崎 ゆきる 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310774

作品紹介・あらすじ

わたしは、一ノ瀬夢美。11歳の誕生日の夜、双子の愛美が天国からやってきた学校で、ミニバスケのクラス対抗試合をすることになって、自主トレ開始!そんなとき、謎の怪人Xから、試合をやめろって、脅迫状がとどいた…!?わたしが犯人じゃないかって疑われて、大ピンチ!大人気・作家&漫画家、ドリームチームによる大好評シリーズ第2巻!小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 死んだ双子の妹の幽霊・愛美と11歳の誕生日に再会した夢美。秘密の仲良し姉妹の二人はミニバスケのクラス別大会の為に朝練をすることに。そこで隣のクラスのエース・沢口さんと仲良くなるのだけど、大会の近付くある日、「大会をやめろ」と“怪人X”から脅迫状が届いて…

    私だったらバスケの練習なんてやらないだろうに夢美は偉いな…と思いながら読んでたダメアラサーですどうも。白ばら組も夢美達を出しぬく為とはいえちゃんと練習してて偉い。ところで落語でもコショウでくしゃみをさせるネタはいくつかあるけどホントにくしゃみ出るんだろうか…って思ったりしてた。
    結局安田君て沢口さんが事故に遭う前は何故遅刻してたのだろう。単に朝寝坊なだけかな。てっきりバイトとかしてたのかな…と思ったけど特に描写はなかった。怪人Xが何故Xなのか、これはちょっとおっ、と思った。伏線~

  • 著者が読者に合わせて文章が書けることは、
    薄々気がついていた。
    ちょうど、赤川次郎のように。
    それは直木賞作家に失礼かもしれない。

    とにかく、中学生視点で楽しい物語。
    樹原くりの絵も、物語によくあっている。

    謎の怪人も、もろわかりなんだけど、
    そこが微笑ましい筋なので許せる。

    もっと書いて欲しいような気がする。

  • すごく面白かった。
    夢美と愛美が、バスケの練習をするところが面白い。
    でも、白バラ隊のユリ子、ラン子、白バラ隊リーダーのばら子がバスケの練習をしていたことにびっくり!!!でした。
    そして、最後になんと沢口麻奈が安田君の妹をかばって、ひざに怪我を負っていたことにびっくり!!!!!!!です。(また)
    でも、先生が、「とくべつだぞ」と言って、10日後に、バスケの試合をするということがあったので、びっくり!!!!!!!!!!!!!!しました。(またまた)
    みなさんも、この本を読んでください。

全3件中 1 - 3件を表示

夢美と愛美の謎がいっぱい? 怪人Xを追え! (角川つばさ文庫)のその他の作品

唯川恵の作品

夢美と愛美の謎がいっぱい? 怪人Xを追え! (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする