ぼくらの大冒険 (角川つばさ文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.21
  • (20)
  • (5)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 227
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310804

作品紹介・あらすじ

英治たちは噂のUFOを見にいくが、仲間2人がUFOに連れ去られたように消えてしまう。TV局の矢場や老稚園の瀬川の協力で2人の奪還に向かう。背後に宗教団体の悪だくみが…。インチキな大人と戦う大救出作戦!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぼくらのシリーズ3冊目「ぼくらの大冒険」1年2組の3学期。アメリカからの転入生・木下は病弱で、あと3年しか生きられないと言う。UFOを見たり交信できる、とか言う!?1999年に滅びてしまう地球の運命だけど、生き延びられるには・・・!?木下に連れられてUFOを見に行ったら宇野と安永が消えてしまう。背後には宗教団体や埋蔵金伝説が。インチキ大人と戦う1−2。

  • 宗田理による「おとなとこどものガチンコ対決」。UFO見物に行った中学生二人が消えた! そこには、宗教団体の悪だくみがあって……。「ぼくら」が、インチキなおとなどもをギャフンと言わせます

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家。東京都出身。日本大学藝術学部卒業。出版社に勤務したのち、水産業界の裏側を描いた『未知海域』を発表。同作が1979年に直木賞候補となり、以後、執筆活動に入る。1985年刊行の『ぼくらの七日間戦争』がベストセラーとなり、続刊となる『ぼくらの天使ゲーム』『ぼくらの大冒険』など、ロングセラーとなった「ぼくら」シリーズほか「悪ガキ7」シリーズなど、著書多数。

「2020年 『探検!いっちょかみスクール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくらの大冒険 (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×