こばと。(1) 空から来た少女 (角川つばさ文庫)

制作 : マッドハウス  CLAMP 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年4月15日発売)
3.45
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310927

作品紹介

傷ついた人の心をいやす旅をしている、ふしぎな女の子・花戸小鳩。いやされた心はコンペイトウのような形になって、こばとの持つビンの中に、どんどんたまっていくんだって!そうして、ビンがいっぱいになったとき、「行きたいところへ行く」という、こばとの本当の「願い」がかなうらしいのだけれど…。しゃべる犬のぬいぐるみ(?)いおりょぎさんにみちびかれて、こばとは今日も、一生懸命がんばります。小学中級から。

こばと。(1) 空から来た少女 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は、途中で、やめてしまったのですが、読んだところまでは面白かったので、たぶん読んでないところも面白かったと思いました。

  • とても感動できるお話です。こばとの恋や、人間界で学習していく様子にも、笑いや感動があります。ぜひ、読んでみてください。

  • こばと。アニメノベライズ第一段。
    角川つばさ文庫って初めて知りました。完璧児童向け(笑)
    中身はアニメの第一話から銀生がビンを壊そうとした話まで。わりとサクサク進みます。
    児童向けなので文章は平仮名が多い。でもイラストも多いのでそんなに悪くないです。イラストはクランプじゃないけどすごく頑張ってて可愛いです。
    ほぼアニメそのままだったのが少し残念なくらい。

全3件中 1 - 3件を表示

こばと。(1) 空から来た少女 (角川つばさ文庫)のその他の作品

後藤リウの作品

こばと。(1) 空から来た少女 (角川つばさ文庫)はこんな本です

ツイートする