ぼくらのアラビアン・ナイト アリ・ババと四十人の盗賊 シンドバッドの冒険 (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : はしもと しん 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.20
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046310996

作品紹介・あらすじ

財宝がかくされた、岩の部屋の扉をひらく、ひみつの呪文を手にいれたアリ・ババは…?!海から海へと、気のむくまま、仲間と航海をつづけるシンドバッドの冒険…。宗田理さんが、小学生のとき、夢中になった『アラビアン・ナイト』を、『ぼくら』読者のきみに!とびっきりのワクワク保証つきの新・大冒険物語。小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アラビアンナイトの「アリババと四十人のとうぞく」とそっくりの体験をした人たちがまずしいお年寄りたちにとうひんの山をばらまいてしまって、両者にはきみょうな友情がめばえはじめるところがポイントです。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宗田 理(そうだ おさむ)
1928年、東京生まれの作家。父を亡くし、母の実家愛知県で1937年~45年まで暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、『未知海域』が情報小説として高く評価され直木賞候補となったことをきっかけに、1979年作家デビュー。
1985年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は宮沢りえ主演で映画化され、当時の中高生を中心に圧倒的な人気を呼んだ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

ぼくらのアラビアン・ナイト アリ・ババと四十人の盗賊 シンドバッドの冒険 (角川つばさ文庫)のその他の作品

宗田理の作品

ツイートする