バッテリー (角川つばさ文庫)

制作 : 佐藤 真紀子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.16
  • (24)
  • (18)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 307
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311009

作品紹介・あらすじ

ピッチャーとしての自分の才能を強く信じ、ぜったいの自信をもつ原田巧。中学入学を前に引っ越した山間の町で、同じ年とは思えない大きな体のキャッチャー、永倉豪と出会う。二人なら「最高のバッテリー」になれる、そんな想いが巧の胸をゆさぶる。誇り高き天才ピッチャーと、心を通わせようとするキャッチャー。大人をも動かす少年たちの物語!世代を超える大ベストセラー、ついに登板!!小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 36/249

  • 巧と豪の物語。
    続きが気になる。

  • 天才はだれにも憧れない。

  • 冒頭はつまらなかった。豪とキャッチボールをしているときにたくみのすごさに気づくことができた。

  • バッテリー面白かった!
    あさのあつこさんの表現はホント素晴らしいです!
    巧たちの成長が楽しみ!

  • 野球少年の成長のお話。1巻なので、まだまだ問題は山積みでこれからどうなるんだろうと気になります。読みやすさは抜群で、登場人物の素直な気持ちの描写がスッと胸に入ってきます。

  • 秋田、那須、美作市、岡山などを舞台とした作品です。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

バッテリー (角川つばさ文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

バッテリー (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする