新訳 かがみの国のアリス (角川つばさ文庫)

制作 : okama  河合 祥一郎 
  • アスキー・メディアワークス
3.96
  • (20)
  • (13)
  • (12)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 190
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311085

作品紹介・あらすじ

今度はアリスが女王になるってホント!?雪の日、だんろの部屋でいたずら子ネコをたしなめてたら、かがみの中に入っちゃった!アリスはチェスのコマになるの?お花はしゃべるし、チョウチョのバタつく羽根はバター付きのパン。ずんぐり坊やのおかしな双子や、いばった卵人間ハンプティ・ダンプティも登場。かがみの国はもっとヘンテコ!あなたもチェス・ゲームに出てみない?78の絵と新訳で名作をどうぞ。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 160円

  • 今度はアリスが女王に!
    不思議の国のアリスに引き続き、かわいい挿し絵で魅力的な世界の名作です!

  • キュートなカバーイラスト&挿絵はOKAMA氏が担当。話の流れが親切で分かりやすく 挿絵も多いので、子ども向けアリスとして成功している。絵本感覚でパラパラ読める。

  • 不思議の国のアリスも読みたい!!

  • okama氏の可愛い絵に注目☆

  • 「ふしぎの国」よりももっと断片的でわかりづらい。
    が、やはり白のナイトとのやりとりがぐっときてしまう。
    okama氏のイラストが増量してお得。

  • これは名訳だと思う。外見は児童書だが、中身は言葉遊びが的確に訳されていて、非常にわかりやすい。同じシリーズのふしぎの国アリスもおすすめ

  • 鏡の国ははちゃめちゃ

  • 「ふしぎの国のアリス」に続き、またokamaさんのイラストがかわいい!

  • 新訳 不思議の国のアリスの二巻です。
    絵が可愛いので、読んでみたいです。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1832年、イギリスのチェシャ州に生まれる。オックスフォード大学を卒業、同大学の数学および論理学の教授に。独特のユーモア感覚と幻想的イメージに溢れた童話『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』は、イギリスはもちろん、世界中で支持されている。

「2017年 『わがままアリスとおくびょうな白ウサギ 不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新訳 かがみの国のアリス (角川つばさ文庫)のその他の作品

ルイス・キャロルの作品

新訳 かがみの国のアリス (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする