バッテリーII (角川つばさ文庫)

制作 : 佐藤 真紀子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.16
  • (12)
  • (13)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 186
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311139

作品紹介・あらすじ

巧と豪は、「最高のバッテリー」になるという夢をもって、中学生になった。ところが、中学校の野球部では、きびしい監督にしたがわないと試合に出してもらえない。先輩たちも言われたとおりにするだけ。ピッチャーとして、何よりも自分の球を信じたい巧は反発し、先輩たちに目をつけられてしまう。そんな巧を心配する豪だったが、ついに、ある事件がおきてしまい…!?巧と豪のキョリが縮まる、第2巻。小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 軟式野球部に 所属している 中2長男と 重なりながら 読みました。こんなに 野球に打ち込めれるなんて…少し うらやましい。

  • 先生の話聞いてたの!?
    綺麗な声だと思いました。ってくだりクゥーってなりました。

  • 中学生になりました。
    巧の性格上、そうそううまくはいかないやろうと予想はしてましたが、こんなにこんがらがるとは。
    先輩に痛めつけられるところとか、巧と豪の仲睦まじいところとか、ちょいちょいもやっとする描写があって戸惑う。
    中学生男子ってこんなんやっけ?って。
    大人のお姉さんの願望的なものが含まれているような気持ちになりました。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

バッテリーII (角川つばさ文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

ツイートする