鉄研ミステリー事件簿(1) 山手線パズルの巻 (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : 加藤 アカツキ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.75
  • (6)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311429

作品紹介・あらすじ

東花園中学校鉄道研究会、略して謎中鉄研。夢は落語家のハバ松、推理小説好きのレモン、鉄道マニアのテツの3人は、"山手線立ち食いそばグランプリ"にGO!謎の怪盗ブラットの"ぶらっと山手線ダジャレ旅"に巻きこまれ、誘拐事件に出くわす!山手線一周するまでに暗号、パズル、事件を解決できるか?松原秀行の新・鉄道ミステリー第1弾!!小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ギャグ要素、ミステリー要素、鉄道要素、飯要素が入っていてとても面白い作品です!

  • 私は、この本が、大好きです。理由は、ミステリーだからです。
    私は、ミステリーも好きです。だから私は、ミステリー的な本が大好きな人におすすめします。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

神奈川県に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、フリーライターに。95年より「パスワード」シリーズをスタート。2015年で20周年をむかえた。そのほかの主な著書に、青い鳥文庫で『竜太と青い薔薇(上)(下)』『竜太と灰の女王(上)(下)』『オレンジ・シティに風ななつ』YA!ENTERTAINMENTで「レイの青春事件簿」シリーズ(いずれも講談社)、「鉄研ミステリー事件簿」シリーズ、「アルセーヌ探偵クラブ」シリーズがある。

「2017年 『パスワード パズル戦国時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鉄研ミステリー事件簿(1) 山手線パズルの巻 (角川つばさ文庫)のその他の作品

松原秀行の作品

ツイートする