ぼくらのデスゲーム (角川つばさ文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.46
  • (16)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 166
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311733

作品紹介・あらすじ

新しい校長・大村と担任・真田がやってきた。手本は二宮金次郎、2年1組にきびしい規則がつぎつぎと決められ、破ると、おそろしい罰則が…。ぼくらは、いたずらで新担任と攻防戦。ところが、真田先生に殺人予告状がとどき、純子の弟・光太が誘拐されてしまう。ぼくらは、殺人犯との死をかけた戦いにいどむ。大人気「ぼくら」シリーズ第6弾。小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぼくらのあたらしい担任に、『サナダ虫』がやってきた…!?
    そして殺人事件が起こる…!?

    ※この作品は、角川文庫から刊行された『ぼくらのデスマッチ』を一部書きかえ。
    タイトルを『ぼくらのデスゲーム』に変更したものです。

  • 最後まで犯人が分からないから面白かった。
    まさかサナダ虫を殺したのは校長先生だったなんて…

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1928年東京生まれ。1937年~45年まで愛知県で暮らす。日本大学芸術学部卒業。シナリオ製作、編集者などを経て、1979年作家デビュー。85年に刊行された『ぼくらの七日間戦争』は映画化され、中高生を中心に圧倒的な人気を呼ぶ。主な作品に『ぼくらの七日間戦争』をはじめとする「ぼくら」シリーズ、「2A」シリーズ、「東京キャッツタウン」シリーズ(角川つばさ文庫)など多数。

「2021年 『先生よりえらい一年生!?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宗田理の作品

ツイートする
×