ネオ里見八犬伝 サトミちゃんちの8男子(1) (角川つばさ文庫)

著者 : こぐれ京
制作 : 久世 みずき  矢立 肇  ぱらふぃんピジャモス 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年8月15日発売)
4.47
  • (10)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :52
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311740

ネオ里見八犬伝 サトミちゃんちの8男子(1) (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シノっ。可愛い。大好きです。
    今思えば、私がかっこいい男子より、可愛い男子に(小説でもリアルでも)なったのは、これを読んでからかもしれません。
    それほどまでに可愛い。小さい男子最強。(個人の見解です。)

    続きも気になりますが、図書館にないのです(泣)

  • 小説のなかで初めて読んだ本で。とてもハマりました

  • ムムッこれは、すっかりはまっちゃった!

  • 里見八犬伝。
    詳しく知りたいと思ったきっかけは、小さい頃家にあった読書案内みたいな本で、伏姫が自害したところまでしか掲載されていなかったから。
    きっかけ2は角川映画を見たから。(原作読みましたが、浜路がひどい目にあってばかりで思っていたものと違いました)
    好きになったきっかけは、碧也ぴんくさんの漫画を読んだから。

    漫画のような感じですね。
    女の子向けの恋愛シュミレーションゲームってこんな感じなんでしょうか。
    色々気に入らないところはあるけれど、続きも読みます。

  • 両親を事故で失った中学一年生の里見サトミはこれから大きな家でひとりぼっち…って時に、突然シノと名乗るヘンな少年執事が押し掛けてきて!? しかも命を狙われてるってどういうこと? 8匹の犬の呪いってなに!? おしかけ執事に忍者に不良におまけにおじいちゃんのユーレイまで、もうっ、あたしこれからどうなっちゃうの!

    新たな八犬伝もの発見ンンン!!!! 知ったその日に出てる4巻一気に大人買い~ しかも私が待ち望んでいた女の子一人+男子大勢の乙女ゲー的世界ですぞ…(*´∀`*) 久々の八犬伝ものなのでハイになってます!
    小学生向けの本なのでラノベとも違うけど児童書ってわけでもないなんとも微妙なライト感がたまりません。大人文体に慣れてると読みづらいんだけど面白かったです。シノのキャラは信乃っていうよりは荘助だよな~と思うけど。小坂明子の「あなた」が飛んだ伏線だったよ驚いたわww
    でもまさか読んでて涙ぐむとは思いませんでした。8匹の犬たちは怒ってなんかない、呪ってなんかない、本当は怖くてさみしくて人間といたかったんだ…ってところでぶわっと来ました。わんこ(´;ω;`)ウッ…

    他の犬士(男子か)も気になるので早速二巻読むーーーしかし最萌えの大角さんはまだ出ていないのだった…! 最後固定が安定過ぎる

  • 普通に児童向けノベルにハマってしまった・・・。ミッチーに一目ぼれだったけど、シノも結構好き。「あなた」を聞いてみたくなったくらいには。でもやっぱりサトミちゃんが好きにならなければちゃんと読めなかっただろうなぁ。心細いくせに精一杯意地張って頑張ってるサトミちゃんが好きだ。しっかりしてる分考え方がナナメなサトミちゃんが好きだ。マジでアニメになってしまえばいいのに・・・。

  • 知人から頂いた本です。
    児童向けだけあって簡単な言葉で書かれていて、シンプルなストーリーだった。
    登場人物たちはみなかわいくて愛らしい。
    自分が幼いのころに読んだらもっと楽しめただろうな。

全7件中 1 - 7件を表示

ネオ里見八犬伝 サトミちゃんちの8男子(1) (角川つばさ文庫)のその他の作品

こぐれ京の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ネオ里見八犬伝 サトミちゃんちの8男子(1) (角川つばさ文庫)はこんな本です

ツイートする