ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : 紅玉 いづき  村松 加奈子 
  • アスキー・メディアワークス
3.44
  • (11)
  • (24)
  • (41)
  • (7)
  • (1)
  • 本棚登録 :255
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311818

作品紹介・あらすじ

その古城ホテルは湖のほとりに佇んでいる。人でないものさえ泊まるという、不思議なホテル、マルグリット。そこに集められた四人の少女たちは、こう、言い渡された。「このホテルの女主人になる気はないか」魔山を追放された魔女、ビィ。所属を捨てた美貌の軍人、ジゼット。とある稼業から足を洗った、フェノン。そして亡国の姫君、リ・ルゥ。これは、少女たちと、不思議なホテルの、優しく切ない物語。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 湖の側にある古城「マルグリット」。
    帰る場所を失くした4人の女の子が蒼の番人に
    「このホテルの女主人(メトリーゼ)にならないか?」と
    話しかけられることで始まる、メトリーゼをかけた少女たちの物語。

    魔法を封印されたピィ、軍を追われたジゼット、
    秘密の過去を持つ普通であることを願うフェノン、
    国を亡くした王女リ・ルゥ。

    メトリーゼになれるのは4人のうち、ただ一人だけ。
    後継者を探す老いたメトリーゼ・リュシエンヌと
    いつも傍らにいる青銀の瞳、青みがかった灰色の髪、
    髪と同じく青銀の衣装に包まれた羽のように軽やかな所作、
    思いの他低い声を持つ蒼の番人サフィール。

    奮闘する個性豊かな4人の少女と、忍び寄る黒き獣。
    悲しみの過去と秘められた恋、蒼き番人の守りしもの。

    異界への扉が開く古城ホテル・マルグリット。
    変わるもの、変わらなければいけないもの、その後に残るもの。
    カモミールの咲く頃、喜びへと変わるはずの約束。

    みんなの寂しさや悲しみを包み込み、変わろうとしている
    マルグリットのこの先が楽しみ!

  •  私がこのレーベルの対象年齢の頃に読んでいれば、彼女達を大切な友人としていたかのも。彼女達のホテルへ5人目の女主人として共に在ることを願いながら眠りにつき、他愛のないお喋りに花を咲かせ、お客様を一緒に出迎える事を空想していたかもしれない。
     今、この本を読む少女達にとってもきっと、そうであることを作者は願っているのではないかしら。
     それ程には彼女らは魅力的で、古城ホテルというロケーションも想像力を掻き立てる。

  • (2015-05-03)(2017-07-22)(2017-9-02)

  • 児童書から出てるが中身はちょっとファンタジー入ったラノベ。わけあり少女4人が古城ホテルで女主人として奮闘するさま。それぞれ個性的で欠陥もあって面白い。フェノンが一番凡人そうでおっとりしつつ、実はすごいんです、ていうの好き(笑)。まあ皆すごいけども。マルグリットとヘンリーの心通わせる回想シーンがもうちょっとほしかった。ヘンリー切ない過去なのに、4人の少女たちにかかるともうぼろくそに・・・。あとはせっかくいい舞台なので、もうちょっとホテル内部の描写がほしいかな。いまいち頭に思い浮かべなかった。

  • まじ面白かった

  • 戻る場所を持ち合わせない、全く性質の違う四人の少女が集い、古城ホテルの女主人の座を競う。
    少女達にはそれぞれに事情があり、客もまた一筋縄ではいかず、さらにはホテルにすら裏がある。
    そんな中で、彼女たちは自らの性質と才を生かしてそれぞれできることをする。

    樹川さとみの「楽園の魔女たち」を彷彿とさせました。
    あちらも好きだったのですが、こちらも面白いですね。
    微笑ましい話は好きです。
    女子が集まるとちょっとえげつなくなるのでヘンリーくんがんばれ。

  • 異世界のお客様も滞在する古城ホテルの女主人(メトリーゼ)に合格するのは、
    4人の少女のうち誰か?


    最初からシリーズとして出す予定だったのか、
    掘り下げが全然ないのが残念。

  • 書店勤めで児童書担当の時、並べてて表紙が気になり、ずっと読んでみたかったものでした。中心の軍人かっこいい!と思ってたら女じゃないか。惚れた。

    内容は、それぞれの理由で帰る場所をなくした少女たちが、謎の美少年の導きによって古城ホテルの女主人(メトリーゼ)になるべく奮闘する話。
    魔法の使えない魔女のピィ、元軍人のイケメン少女ジゼット、滅んだ国の王女リ・ルゥ、普通の女の子になりたいというフェノン。
    果たして彼女たちは、古城ホテルマルグリットの女主人になれるのか…という話。
    ***
    膨らまそうと思えばもっと膨らませられるんだろうなぁと思えるくらい展開が早い一冊でした。1時間で読み終わった。
    漫画のように読めますが、本書は長い物語の登場人物を揃えるための序章といったところ。でもそれぞれの特徴はわかるし、これだけで読むのはやめないほうがいいかもな、と思いました。
    ていうか女の子たちかわいい。そしてジゼットが天然イケメンすぎて惚れた。(笑)

  • 100冊め!

    帰る場所をなくした4人の少女が古城ホテルの女主人をめざす

    うーん
    なんだろなぁ

    言葉使いや台詞回しがイマイチ

    設定は惹かれるものがあるといえなくもない

  • 家を失った、家に帰れない少女4人が、誘われて? ホテルオーナー見習いに。
    個性豊かというよりは、前職にかなり難あり、状態。

    4人で魔法使いが出てきている時点で、某魔女たちを思い出しますが
    かすっているのは4人と…その設定?
    後は別段それほどでも。

    確実に人じゃないのがお客で混じってましたが
    その存在の似顔絵はどうなっていたのでしょう?
    当たったのが動じない人でよかったね、という感じですが。

    しかし最後…金と言う圧力使いまくり?w
    ある意味正攻法ではありますが、ありですか!?
    思いつきもしない落ちですが、複線(?)はありました。
    というよりも元軍人。
    仕事離れたからって、そこは荷物担いでいていいんですか!?
    すっぱり切りかえられて、それはそれで…人生幸せ、かも?

全31件中 1 - 10件を表示

ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち (角川つばさ文庫)のその他の作品

紅玉いづきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
紅玉 いづき
三浦 しをん
紅玉 いづき
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ようこそ、古城ホテルへ 湖のほとりの少女たち (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする