はやぶさ/HAYABUSA (角川つばさ文庫)

著者 :
制作 : かしわ 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046311887

作品紹介・あらすじ

おとなしくて友達が少ない転校生のぼくは、ある日、クラスのリーダー・ケンジに誘われる。「一緒に、ロケット見にいかないか?」「一緒に、ロケット見にいかないか?」それが、ぼくらと『小惑星探査機はやぶさ』との出会いだ。はやぶさは、誰も成功したことのない、難しくて大切な役目をせおい、広い宇宙をたったひとりで旅している。迷子になったり、こわれてボロボロになりながらも、飛びつづけている…がんばれ、はやぶさ!小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  20世紀FOX版の映画「はやぶさ/HAYABUSA」を元にした小学生向けノベライズ…という触れ込みだけれども、映画のシナリオをそのままなぞって小説にしているのではないところにまず好印象。

     内之浦に住んでいたことがきっかけで、宇宙に興味を持っていた主人公が、後に東京に転校。JAXAに出入りしたことで「あのとき打ち上げたロケットに乗っていた」「はやぶさ」を知る。
    (ここで映画の「恵お姉さん」が絡んでくる)
     また、その運用を知ることによって、自身があっていたいじめにどのように対抗していくか、「そのとき、自分が出来ることをする」「自分はなにが出来るのか」を考えていく……という、きちんと独立した、読ませるスピンオフ作品になっていた。ゆえに星五つ。

  • 転校生の隼人はある日、クラスのリーダー・ケンジに誘われ、ロケットの研究所へと行くことになった。それが二人と「はやぶさ」の出会いだった。7年間60億キロ、宇宙を旅した「はやぶさ」を通して二人の少年の友情と成長を描いた物語。
    →来年いよいよ宇宙へと旅立つ「はやぶさ2」。この夏休み、「はやぶさ1」がどんなにすごかったか、知っておこう!

  • 鹿児島内之浦からの転入生・隼人(小2)。鹿児島弁をからかわれれてから、クラスではあまりしゃべらない。でも、本物のロケット発射を見たことがあると言って、さらにみんなに嘘つき呼ばわりされてしまった。隼人の言うことが本当かどうか、近くのロケット研究所に確かめに行くことになったケンジと隼人。確かに、鹿児島からロケットは発射されていた。それは、イトカワとい小惑星へと飛ばされた、無人探索ロケット・はやぶさだった。
    隼人の無実を証明したケンジ。明るくてスポーツマンなケンジ、二人は性格は違うけれど、宇宙への興味は同じで、親友になった。クラスでは、まだ隼人のことをいじめるワガモトたちがいたけれど、隼人も強くなってゆく。
    はやぶさの、イトカワへ旅は長い。途中さまざまなトラブルに見舞われながらも、地球に戻り、燃え尽きるはやぶさ。そこには7年の時が流れ、隼人たちは中学生になっていた。はやぶさを見届けた二人は、今は学校はちがうけれど、将来の夢を語り合うのだった。

  • 映画「はやぶさ」のyahoo映画レビューで紹介されていた本。
    いじめやなんやらも関係してくるらしいけど、お子さんにお勧めです、ってことだったのでメモ。

全4件中 1 - 4件を表示

はやぶさ/HAYABUSA (角川つばさ文庫)のその他の作品

鷹見一幸の作品

ツイートする