ぼくは戦場カメラマン (角川つばさ文庫)

著者 : 渡部陽一
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年2月15日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046312211

作品紹介

戦争や災害が起こった地域に飛びこんでゆく仕事が、戦場カメラマンです。兵士や、戦地で暮らす人々、その国の子どもたちが何を考え、何に困っているのか。世界で何が起こっているのかを、自分の目で確かめに行くのです。ときには監禁されたり、死にそうになったり、危険な目にもあいました。けれど、どんなにつらく悲しい現実でも、みんなに伝えるために、シャッターを切り続ける。それが、著者の仕事です。小学上級から。

ぼくは戦場カメラマン (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アフリカにいる民族に会いに行くのが
    戦場カメラマンになったきっかけだったのが
    意外だった。

    小さい子どもや少女も戦ってることにびっくりした。
    ある国では1か月の収入が6千円の8人家族がいて、
    その子達のたった一つの楽しみが、日曜日に来る
    屋台のアイスクリームを8人で分けることだということに
    ショックを受けた。

    そんなことを知ったら、僕は贅沢なのかなって思った。

  • 普段の日本の生活がいかに幸せなものか気づかされる。

    子供でもわかる平易な文章で書かれてはいるものの、その体験談は壮絶だ。自分も何かしないといけない気にさせられる。

    自分でもできることは何かな。探しながら生きる。やり方は人それぞれ。

全2件中 1 - 2件を表示

ぼくは戦場カメラマン (角川つばさ文庫)のその他の作品

渡部陽一の作品

ツイートする