サトミちゃんちの8男子(4) ネオ里見八犬伝 (つばさ文庫)

著者 :
制作 : 久世 みずき  案:矢立 肇 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.25
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046312433

作品紹介・あらすじ

あたし、里見サトミ。ついに7男子の呪いを解いたわけですが-「だから、いい加減にしろっつってんだろ!」…はい。ブンゴ&ソウスケのケンカでわが家の平和、台無しです。しかもブンゴは、あたしがソウスケの告白を放っておくのがいけないって言うの。明日はあたしのとくべつな日なのに、シンベーは行方不明になるし、宝物は壊されるし、その上告白の返事までしなきゃなんて…。予測不能の胸キュン生活、第4巻。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • けの、かわいい!
    サトミちゃんのつっこみ、笑えるo(^▽^)o

  • ブンゴとソウスケのけんかに耐えかねて、家を飛び出したサトミ。
    8人目は最後にチラッと出てきただけ。

  • ソウスケの騒動から半年が過ぎ、相変わらずどたばた過ごしているサトミちゃんち。でもやっぱりソウスケとブンゴの仲は悪くて… そんな中、シンベーがオーストラリアで行方不明になってしまう! 落ち込むケノの為に何故かオールナイトカラオケ大会?? そのおかげで何とかケノは元気を取り戻し、皆の仲も良くなっていくけど――「お前がはっきりしないのが悪いんだよ」 ブンゴ、それってどういうこと…!?

    そんなわけで四巻読み終わりーーあらすじが大分雑w 一気に半年も経っててびっくりしたのでいつかこの間にあったことを短編とかにして欲しいわん(^O^)
    いよいよラブな方向が具体的に動き出した感。でもサトミちゃんてよくあるすっとボケヒロインと違って本当に、恋愛とか全然考えてない、まだまだ友達としか考えられないよっていう、等身大の女の子だなあと思ったのでブンゴとソウスケに戸惑うところとか変じゃないと思う。だってさー両親亡くしてるしさー1人じゃいっぱいいっぱいだもんねー友達も少ないし。友達といえばカオルン可愛すぎるまあソウスケとははっきりさせましたが未来はどうなるかわからんってことで。でも物語的にはブンゴとフラグたってますけどね。

    五巻楽しみだなあ!大角さん来ましたよ大角さん枠!!!胸に肉球マークだから確実に大角さん! アニメCMも今度見ます!たのしみ!

  • シンベー事件とかソウスケ問題とか。カラオケ大会とか。まさか山下兄弟でデュエットしてくれるとは思いませんや。しかもなんかやたらにシブいやつ。ゲンパチが言ってた「手を組みたい」って何なんだろうなぁ。もう生徒会長と不良で小芝居はやんないのだろうし。ソウスケはまぁ、そうなるよねーと思いつつちょっと切ない。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

神奈川県生まれ。おうし座A型。作家・脚本家。趣味はウクレレを弾いて歌うこと。主な作品に「サトミちゃんち」シリーズ、「裏庭にはニワ会長がいる!!」シリーズ(以上、角川つばさ文庫)などがある。

「2017年 『小学校6年間の漢字が学べる物語 トキメキ探偵 マヂカ★マジオ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サトミちゃんちの8男子(4) ネオ里見八犬伝 (つばさ文庫)のその他の作品

こぐれ京の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする