シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか (角川つばさ文庫)

制作 : 姫川 明月  シートン  越前 敏弥 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046312860

作品紹介・あらすじ

強くかしこく、人間たちには決してつかまらなかった、オオカミ王ロボの一生。ちょっとマヌケだけど、ご主人さまのことが大好きな、シートンの飼い犬ビンゴ。お母さんも兄妹たちも銃で殺され、ひとりぼっちで生きてきた、クマのワーブ。お母さんウサギ・モリーの教えをけんめいに覚えようとする子ウサギのギザ…。ほんとうにあった動物たちの物語に、おもわず涙があふれだす。ぜったいに読んでおきたい名作!小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い(^з^)-☆ 2017年読了

  • ちょっとおばかだけどご主人想いの犬・ビンゴ、厳しく優しいモリー母さんに育てられた勇敢なワタオウサギ・ギザ、孤独な一生を戦い続けた灰色熊のワーブ、誰にも屈することなく、人間に負けない妻への愛を貫いたオオカミ王・ロボ。厳しい自然界で生きる動物の姿を確かな筆致と彼らへの愛情豊かに綴った、世界中で読まれているシートン動物記。装いも新たにつばさ文庫からリリース。

    とか書きながら実はこの年になるまでシートン動物記読んだことなかったのデス!!>< ライアーソフト「黄雷のガクトゥーン」の登場人物(というか動物…)に「ロボ」という大きな犬がいて、それの元ネタ全然知らなかったんですが何気なくつばさ文庫のラインナップ見てたらオオカミ王ロボ…!? あっ!シートン動物記だったのかーー!!と騒いじゃいましてね。またしても、世界で読み継がれる名作や偉人の伝記を読んでいない自分に恥を感じ、購入しました。ちゃんと読んでみたかったの。こういう機会を得ることが出来るので、スチームパンクシリーズにはほんと感謝しております(*´ `*)
    表紙は可愛いイラストですが中身は……! 壮絶だ……! 動物達の世界ちょう厳しい……!! ちょっとムツゴロウさん的なほのぼの世界を予想していた私は大いに戸惑ったぞw でも、動物達のどちらもに過剰に肩入れすることなく客観的に厳しく辛い自然界、動物界の真実を克明に描いているなあと思いました。意外とあっけなく味方を見捨てたり、そういうものだと理解したり、単純に思ったり。シビアゆえに単純、単純ゆえにシビアと言う感じがしました。ワーブの一代記が一番長いのですが、誰にも頼らず一生を戦い続けて、ぼろぼろになって、最後は毒ガスの中で眠るように死んだワーブには涙(´;ω;`) それからブランカを探し求めて人間達に抵抗さず捕まって、そのまま死んでいったロボもバスの中で読んでて涙ぐんでしまった。モリー母さんの最期も…(´;ω;`)
    最近読んだことをすぐ忘れてしまうのですが、戦い続け、必死に生き続けた彼らをすぐ忘れたくはないなあ…と思いました。そう、小さな動物だってみんな必死で生きてる、戦ってる。時には人間以上の知恵と勇気で生き延びようとする。その動物達に、いろいろ教えられることのなんと多いことか…と思いますっ

全2件中 1 - 2件を表示

シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか (角川つばさ文庫)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

シートン動物記 オオカミ王ロボ ほか (角川つばさ文庫)はこんな本です

ツイートする