サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川つばさ文庫)

制作 : ゴツボ×リュウジ 
  • 角川書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046313577

作品紹介・あらすじ

中3となった4月、遼介が所属する桜ヶ丘中学サッカー部に新しい顧問がやってきた! そいつがなんと鬼監督!! 次々とチームの改革を進める草間監督に戸惑うメンバーたち。遼介もセンターバックを命じられ……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サッカーボーイズ15歳を読んで

    この話は、主人公のことや監督のことが書いてありとてもおもしろかった。
    遼介のサッカーの楽しさがつわたる話で、新監督の草間にまだ戸惑うメンバーの中にはやめてしまうやつもいるが、きゅうげきに成長しているのにきづかない。
    メンバーのかんじょうや悩みが大きく成長させたのだと思いすごいと思った。
    サッカーのことは知らないけれど、スポーツはやっぱりいいと思う。

    2014年3月31日

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

はらだ みずき
1964年、千葉県生まれの小説家。法政大学経済学部卒業。商社、出版社勤務を経て、2006年『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』でデビュー。『帰宅部ボーイズ』で、『本の雑誌』2011年上半期エンターテインメント・ベスト第2位。

サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川つばさ文庫)のその他の作品

はらだみずきの作品

サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする