新訳 長くつ下のピッピ 船にのる (角川つばさ文庫)

  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046313706

作品紹介・あらすじ

大金持ちのバカ力少女ピッピの毎日は、脱走したトラと対決したり無人島で遭難したりと、へんてこだけどゆかいすぎ。そこへ死んだはずのパパが帰り、ピッピは仲よしの友だちと別れ、船にのることに…。感動の第2巻!

著者プロフィール

1907年‐2002年。スウェーデンに生まれる。1944年『ブリット‐マリはただいま幸せ』(徳間書店)で、出版社主催の少女小説コンテストの二等賞を得て、デビュー。以後、児童書の編集者として働きながら数多くの作品を発表しつづけた。1958年には国際アンデルセン賞を受賞。「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「名探偵カッレくん」のシリーズや、『ミオよ わたしのミオ』(岩波書店)など、世界中で今も愛されている数々の物語を生み出し、「子どもの本の女王」と呼ばれた。

「2018年 『長くつ下のピッピの本 決定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アストリッド・リンドグレーンの作品

新訳 長くつ下のピッピ 船にのる (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×