新訳 赤毛のアン(上) 完全版 (角川つばさ文庫)

  • KADOKAWA
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046313737

作品紹介・あらすじ

かわりものの年寄り兄妹マシューとマリラは、働き手として男の子をひきとることに。でも、孤児院からつれられてきたのは、赤毛でそばかすの女の子アンでした!マリラはアンを追い返そうとするけれど…。自然いっぱいの美しい島を舞台に、夢見る少女がおこすおかしな騒動。そそっかしくて失敗ばかりのアンが感動をもたらします。泣いて笑ってキュンとする、世界中の女の子が恋した名作をノーカット完全版で!絵54点。小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たいへん有名な児童文学を、21になって初めて読む。「なんだこのとめどない妄想癖は……」とドン引きしていたのだけど、次第にその振り幅の大きさに惹きつけられていったり。この物語で一番可愛いのはマリラおばさんだけどな! おばさんの笑顔が少しずつ増えていくのが嬉しくてしょうがない。
    大きくない島の、大きくない村の大きくない学校と家という大きくない世界がこの世のすべてだと思っている、子供の無垢な愚かしさも生き生きと描かれていて、子供或いは子供時代への慈しみを感じる。けれどマリラをはじめとするおばさんたちも魅力的でかわいい。人間愛ってやつなのかな。

  • 絵が可愛らしいです^ ^
    孤児だったアンは、以前引き取られた先々で、あまりいい思い出はなかったようです。大人の都合で二度も厄介払いされている過去がありました。

    多分、アンの空想癖は、嫌な現実から目を背ける、彼女なりの身の守り方だったのかな。
    独身兄妹のマシューとマリラの家で暮らすことになったアン。
    三人称で、アンやマリラ、様々な登場人物の心情が書かれています。自分で書くとしたら、難しそうです。

    空想全開のアンに対する、現実的なマリラおばさんのツッコミがいちいち面白い。ボケとツッコミです。

    想像力豊かなアンは、きっと嘘をつくのが上手だろうなぁと思っていたら、予想の上をいく嘘をついていました。

    マリラおばさんの視点で読んだら「子育て小説」に思えるし、アンの視点で読んだら「青春」ものや「ラブコメ」に思えて、色々な味が楽しめます!

  • 小6の娘が、家に全巻揃っている村岡花子訳に興味を持ったのですが、読み辛いと断念してしまいました。

    読書は大好きな娘ですが、古い外国の児童書はあまり馴染みがありません。
    せっかく興味を持ったので、この新訳を図書館で借りてみたら一気に読み終えてしまいました。
    「わかりやすい!おもしろかった!次も読みたい!」
    だそうです。

    今のところ「アンの青春」までしかないようですが、シリーズ全巻出版して欲しいです。
    そうすれば親子3代でシリーズ制覇も夢ではないかも。

    村岡花子訳では省略された話もあるようなので、私自身も興味を持ちました。
    ただ、表紙の絵がかわいすぎて…。
    「こんな血色優良児はアンじゃない!」と思えてしまってなかなか手が出ません^^;

全5件中 1 - 5件を表示

L・M・モンゴメリの作品

ツイートする
×