聖クロス女学院物語(1)ようこそ、神秘倶楽部へ! (角川つばさ文庫)

著者 : 南部くまこ
制作 : KeG 
  • KADOKAWA/角川書店 (2014年3月13日発売)
3.94
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046313751

作品紹介

聖クロス女学院に入学した陽奈。親友の奈々と美術部に入る予定なのに、眼帯をした美少女・花音から強引に〈神秘倶楽部〉なんてヘンテコ部に誘われて!?「お姉さまの正体知りたいでしょ?」ぐぐぐ、どうしよう!

聖クロス女学院物語(1)ようこそ、神秘倶楽部へ! (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 978-4-04-631375-1 230p 2014・3・15 初版

  • 我慢しきれず購入。

    主人公たちはお嬢様っぽい? けれどお手紙に顔文字を使ったり「超」をつけて話したり、マリみてや野ばらに比べると幾分庶民的。

    お気に入りキャラは生徒会のお姉さまたち。3人そろった絵を見たとき、「硬派のリーダー、軟派のリーダー、それらを超越したアイドル的存在が必要」との某コバルト作品のお姉さまのモノローグを思い出したり。

    お手紙のやりとりは『方子と末起』の方子のお手紙を思い出したりして。
    とにかく私の大好きなタイプのお話でした

  • 南部くまこの"聖クロス女学院物語"の第1巻。ミッション系、女学院、お姉様など、百合作品のお約束が詰め込まれた小学生向け作品です。カソリック系お嬢様学校の聖クロス女学院中等部を舞台に初等部からの持ち上がり組の陽奈と奈々と受験組の花音と葵が生徒会長の史織、副会長の蜜希らを巻き込んで神秘倶楽部というヘンテコな部を立ち上げるまでが描かれます。作中で、陽奈と奈々が、女子校への憧れが強かった花音が考える女子校あるあるネタを、それはないとさらっと否定していたりと随所にクスっとする部分がありました。続きが楽しみです。

全3件中 1 - 3件を表示

聖クロス女学院物語(1)ようこそ、神秘倶楽部へ! (角川つばさ文庫)のその他の作品

南部くまこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする