幽霊探偵ハル 燃える図書館の謎 (角川つばさ文庫)

著者 : 田部智子
制作 : 木乃ひのき 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年11月15日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046315526

作品紹介

隼は、運動神経バツグンの小学6年生。幼なじみの奏音と行った時雨坂図書館で、秘密の部屋に迷いこむ。そこで出会ったのは、謎の少年ハル。同じころ、周辺の図書館で連続放火事件が発生。三千冊の本が燃える大火災となり、時雨坂図書館にも犯行予告状が…! タイムリミットまでに暗号を解き、爆発する本を探せ! 名探偵は幽霊!? 新ミステリー第1巻!!

幽霊探偵ハル 燃える図書館の謎 (角川つばさ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  田部さんの『パパとミッポ』がシリーズだと知って、田部さんの本を調べてたら、このシリーズを知りました。
     タイトルでもうネタバレしちゃってるから言うまでもないけど、ハルくんが幽霊という設定です。
     登場人物紹介で、俺様キャラだとあって。俺様キャラがよく分かんないけど、登場したてのころはかなり性格悪い感じです。
     琴音ちゃん、大人だよ。
     普通の小学生だったら、隼くんみたくなると思うけど。
     大体、隼くんの持ってる鍵を勝手に取って取引とか言ってる時点で、窃盗と脅迫のような気が…。

     児童書だけれど、事件自体は生ぬるい感じではなかったね。
     最後のほう、大分バタバタと駆け足だった印象。
     もうちょっと丁寧に書いてもらえたらな、と思いました。

  • テンポが良くて楽しめた。


    あらすじ。
    隼は運動神経バツグンの小学6年生。幼なじみの奏音の行った時雨坂図書館で、秘密の部屋に迷い込む。そこで出会ったのは、謎の少年ハル。同じころ、周辺の図書館で連続放火事件が発生。3000冊の本が燃える大火災となり、時雨坂図書館にも犯行予告状が…!タイムリミットまでに暗号を解き、爆発する本を探せ!名探偵は幽霊!?新ミステリー第1巻!!

  • 図書館にいる謎の少年探偵と仲間たちが放火事件を解決。

全3件中 1 - 3件を表示

幽霊探偵ハル 燃える図書館の謎 (角川つばさ文庫)のその他の作品

田部智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

幽霊探偵ハル 燃える図書館の謎 (角川つばさ文庫)はこんな本です

ツイートする