新訳 メアリと魔女の花 (角川つばさ文庫)

制作 : 越前 敏弥  中田 有紀  YUME 
  • KADOKAWA
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046317032

作品紹介・あらすじ

わたしメアリ。なんのとりえもない、ひとりぼっちの女の子。
ぐうぜん出会った黒ネコのティブに教えられて、ふしぎな花を見つけたの。
7年に1度しか咲かない「夜間飛行」と呼ばれているきれいなお花。
その花の力で、ほうきが舞いあがり、変な大学に連れてこられちゃった。
そこでは、魔法を教えてくれるみたいだけど!? 
メアリとティブの愛と感動の冒険がはじまる! 

小学生のうちに読んでおきたい名作が、読みやすい新訳で登場!
すべての漢字にふりがながふってあります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  原題『THE LITTLE BROOMSTICK』(邦題『小さな魔法のほうき』)の新訳版。
     夏休みに、ひとりでシャーロット大おばさまの家にあずけられた10歳のメアリ。遊ぶ相手もいないし、やることもない。森へ通じる小道を歩いていると、きれいな緑の目のまっくろなネコがあらわれた。そのネコのあとをついていったメアリは、むらさき色のめずらしい花を見つける。

  • 映画を観てきました
    楽しかったです
    なんか「ジェネリックジブリ」っていわれてるみたいですが
    たしかに……
    この原作1971年なんですね
    ハリーポッターより前なんだ!
    映画で??のところが!!でした
    ラストがよかった

    ≪ やっぱネコ 魔女にはほうき 黒いネコ ≫

  • 「ハリー・ポッター」を想起させる(こちらの方が、はるか以前の作品ですが)魔法学校の描写や設定が楽しかったです。 ―― https://bookmeter.com/reviews/65367815

  • 今月のつばさ文庫・その5

    今月のつばさぶんこ、でーす。

    2017/06/22 更新

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1916年生まれ、2014年5月9日没/イギリスの女流作家/小学校で教鞭をとったのち、1954年「Madam, Will You Talk?」で文壇デビュー。ロマンチックなサスペンスミステリーや、歴史フィクションなど、作品は国内外で評価され、1964年にはウォルト・ディズニーによって映画「クレタの風車」(原題:The Moon-Spinners)が製作された。スタジオポノック第1回長編アニメーション「メアリと魔女の花」(原題:The Little Broomstick)が2017年7月公開。

「2017年 『角川アニメ絵本 メアリと魔女の花』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新訳 メアリと魔女の花 (角川つばさ文庫)のその他の作品

新訳 メアリと魔女の花(角川つばさ文庫) Kindle版 新訳 メアリと魔女の花(角川つばさ文庫) メアリー・スチュアート

メアリー・スチュアートの作品

ツイートする