新訳 ナルニア国物語 (3)竜の島と世界の果て (角川つばさ文庫)

  • KADOKAWA
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046318084

作品紹介・あらすじ

「黒いつばさ、ごつごつしたうろこ…
ぼくは巨大な竜になった」
【新訳で名作が読みやすい!!】【絵33枚】

●あらすじ
ルーシーとエドマンドは意地悪ないとこのユースタスとともに、ふたたびナルニアへ!
カスピアン王やネズミの騎士リーピチープと再会し、行方不明の7人の貴族を探す《夜明けのむこう号》の船旅に同行しますが、それは涙とドキドキの連続でした。
人が竜に変身する島、すべてを黄金にかえる湖、悪夢が現実になる島――船はついに世界の果て《アスランの国》にたどりつき…。
もっともファンの多い超名作の第3巻を、新訳で!


「まさかこいつ、人を食ったのか? 悪党め!」
 竜はひっしで首を横にふります。
「待って! この竜、人の言葉がわかるのかも…」
 こんどは、ぶんぶんとうなずきます。
「もしかして、あなた……○×△■◎?」
 竜は、にえたぎる涙をぽろぽろこぼしました。
【世界中に魔法をかけた、最高の名作ファンタジー!!】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • つばさ文庫 その27
     
    2018/11/13 更新

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1898~1963年。アイルランド系のイギリス人小説家で神学者。キリスト教の信徒伝道者でもある。代表作は本シリーズで、その最終巻「さいごの戦い」でカーネギー賞を受賞。

「2021年 『新訳 ナルニア国物語 (7)最後の戦い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

C・S・ルイスの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×