僕はまた、君にさよならの数を見る (角川つばさ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046319319

作品紹介・あらすじ

ぼく・直斗には、秘密がある。
触った相手の人生の残り日数が見えるんだ。
その秘密をかかえながら大学に入学した春、出会ったのは黒髪の少女・美雨だった。
夢を明るく語る、ちょっと変わった女の子。
そんな美雨に恋をして、ぼくたちは恋人になった。
けれど、ぼくが彼女にさわると300という数字が浮かび、一日ごとにへっていく……。
そう、それは、彼女とのさよならまでの日数だったんだ――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 泣ける

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第25回ファンタジア大賞ラノベ文芸賞受賞作を改稿・改題した『見えない彼女の探しもの』(富士見L文庫)でデビュー。ほか代表作に「出雲新聞編集局日報 かみさま新聞、増刷中。」シリーズ、『消えていく君の言葉を探してる。』『僕らふたりに運命の糸は』(富士見L文庫)がある。

「2020年 『僕はまた、君にさよならの数を見る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

霧友正規の作品

僕はまた、君にさよならの数を見る (角川つばさ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×