探偵犬クリス 柴犬探偵、盗まれた宝石を追う! (角川つばさ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046319876

作品紹介・あらすじ

人見知りの少年・陽詩(ひなた)は、小学5年生。
祖父が連れてきた柴犬・クリスを飼うことになった。
とても優秀な警察犬だったらしいけど、
虫が大の苦手で、ちょっぴり頼りない……。

ある日の散歩中、パトカーのサイレンが鳴り響いた。
近所で宝石強盗事件が発生したようだ!
警察も必死に捜査を続ける中、
陽詩とクリスは、事件の“重要な手がかり”を見つけてしまって……?

勇かんだけど、虫嫌いのこわがり柴犬が名探偵!?

「幽霊探偵ハル」シリーズの田部智子さんによる、
絶対おもろいミステリー、始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ひなたとまゆかとクリスが、たかきのそしきにはいりこんでしまってひなたたちはどうやってそのそしきからにげれるか、そしてどうやってつかまえるかドキドキした。

  • おじいちゃんの名前がおじいちゃんっぽくなくてジェネレーションギャップを感じた。

  • 虫が嫌いな元警察犬クリスがかわいい。
    1巻目のためか、クリスのとの出会いの経緯、一筋縄ではない犯人像、ハラハラのシーン、人との触れ合い、とややもりだくさんだが、続刊が楽しみ。

  • クリスの顔がとてもかわいかったです
    匂いで犯人を特定できるのがすごかったです
    クリスのまわりにはたくさんの人が集まってきます
    とても面白かったです

  • 陽詩(ひなた)は5年生の男の子
    家は商店街の動物病院で、母が獣医師、父が動物看護師をしている

    人見知りの陽詩のところにやってきたのは柴犬のクリス
    優秀な警察犬だったというクリスは、虫が大の苦手

    散歩の途中、宝石店の強盗事件に出くわした陽詩とクリスは、重要な手がかりを見つけてしまう

      陽詩はリードをぎゅっと握ると、クリスに命令した。
      「捜せ!」

    陽詩とクリス、陽詩の“保護者”で幼なじみの麻由香の2人と1匹がくりひろげる《おもしろすぎる新ミステリー!》

    「幽霊探偵ハル」シリーズ(全4巻)の田部智子による新シリーズ

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京生まれ、東京育ち。「初音ミクポケット ハジメテノオト」「ダンス・ダンス!」「いい子じゃないもん」「クールな三上も楽じゃない」「パパとミッポの星の3号室」「パパとミッポの夢の5号室」「とびだせ!そら組レスキューたい」など。

「2021年 『探偵犬クリス(3) 柴犬探偵、豪華客船を探検する!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田部智子の作品

ツイートする
×