ピーターラビット2 バーナバスの誘惑 (角川つばさ文庫)

  • KADOKAWA
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046319920

作品紹介・あらすじ

2018年春に世界400億円のヒットとなった、映画「ピーターラビット」続編のノベライズ。全世界4500万部の大ベストセラー、『ピーターラビット』シリーズを原作とし、実写とCGがリアルに融合した映像が大ブームとなった。 当初は今年5月に映画公開予定だったため、5月刊予定としていたが、コロナで延期となり、このたび急遽2021年2月5日に決まった。上映規模は、1.5倍に拡大。
【あらすじ】うさぎのピーターラビットは、三つ子の妹、いとこのベンジャミン、画家で美人のビア、その夫トーマスとともに、イギリス湖水地方の農園でくらしていた。あるとき、大手出版社から、ビアがかいた『ピーターラビット』の絵本が出版されることになり、一家は本社に招かれる。だが、その絵本では、ピーターはとんでもないワルというキャラクターだった。いじけたピーターは家出する。そして、実父の親友だったという盗賊団のボスにスカウトされて、ヤクザの道へ……。はたしてピーターは、そのままダークサイドへと堕ちていってしまうのか!? ――ギャグやドタバタ、はらはらドキドキの冒険とアクションが満載。その一方で、勝手気ままなピーターの精神的成長や、感動的なラストも見どころ。

フレデリック・ウォーンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×