竜とそばかすの姫 (角川つばさ文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.11
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046320995

作品紹介・あらすじ

17歳のすずは、いつも教室の隅にいる目立たない女の子。
ある出来事から大好きな歌が歌えなくなってしまった。
親友のヒロちゃんに誘われ参加したのは、
"もうひとりの自分"を生きられるネット世界〈U〉。
「この世界でなら歌える――!」
〈U〉の歌姫"ベル"として世界中から注目されるなか、
背中に傷を負った謎のモンスター・竜と出会う。
乱暴で嫌われもの、でもどこか寂しそうな竜と、
すずは心を通わせていくが、二人を引き裂くピンチが……!?
歌に導かれ"ほんとうの自分"を見つける物語!

【細田守監督書きおろしの原作小説、イラストとふりがな付きのつばさ文庫版】

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画館に、いきました。

    サマーウォーズに,続くバーチャルな世界U。
    世界観がよくて歌も綺麗でみてよかったです。
    竜はあの人かと思いましたけど。

  • 細田守さんのストーリー、初めてちゃんと最後まで読んだけど……めっちゃ面白かった!!
    開始40ページくらいの鈴の過去に泣けました。
    しのぶくんの母性とも言える優しさも、ヒロちゃんの毒舌の効いた支えも、すごく良かった。
    何より、終盤の戦いは胸が熱くなりました……!!
    お父さんたちの対比にうわぁああってなりました。

    映画館、行けばよかった(泣)

  • 龍が一体何なんだと、思ったらケイくんでした。

  • 今有名になっているから、興味があって、読み始めた。とても感動して、ラストシーンを読み終わるときには泣いてしまった。少し内容が難しかったところもあったけれど、読み終わったときには、内容が結構分かっていたので、驚いた。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1967年富山県生まれ。91年東映動画(現・東映アニメーション)入社。アニメーターおよび演出として活躍後、フリーに。『時をかける少女』(2006年)、『サマーウォーズ』(09年)を監督し、国内外で注目を集める。11年には自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立。監督・脚本・原作を務めた『おおかみこどもの雨と雪』(12年)、『バケモノの子』(15年)はいずれも大ヒットとなり、『未来のミライ』(18年)ではアニー賞を受賞、米国アカデミー賞長編アニメーション部門にもノミネートされ世界中で注目を集めた

「2021年 『角川アニメ絵本 竜とそばかすの姫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細田守の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
加藤シゲアキ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
朝井 リョウ
伊吹 有喜
山崎 聡一郎
ヨシタケシンスケ
凪良 ゆう
辻村 深月
瀬尾まいこ
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×