南回帰船

著者 :
  • 角川学芸出版
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046519153

作品紹介・あらすじ

貴種としての少年。楊貴妃。マイク・タイソン。日本人狩り。マッカーサーの亡霊の抱く原爆。あるいは甲賀三郎伝説とイラク。死の直前、南洋に、そして湾岸戦争へと暴走し、拡大していった最後の中上サーガ。全集未収録の劇画原作小説、死後13年を経て、ついに刊行。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  貴種としての少年。楊貴妃。マイク・タイソン。日本人狩り。マッカーサーの亡霊の抱く原爆。あるいは甲賀三郎伝説とイラク。死の直前、南洋に、そして湾岸戦争へと暴走し、拡大していった最後の中上サーガ。晩年、劇画の原作として書かれた未完の長編。

     劇画の原作だから設定が少年漫画っぽくて(主人公にはすごい血が流れていて、はじめてやったボクシングでもオートバイでも天才的、とか)それでも右翼思想のひとが絡んでくる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年和歌山県生まれ。74年『十九歳の地図』でデビュー。76年『岬』で芥川賞、77年『枯木灘』で毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞を受賞。他の作品に『千年の愉楽』『地の果て 至上の時』『日輪の翼』等。

「2015年 『中上健次』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中上健次の作品

ツイートする