角川学芸ブックス 名作の食卓 文学に見る食文化

著者 :
  • 角川学芸出版
2.17
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046519832

作品紹介・あらすじ

樋口一葉の『にごりえ』から吉本ばななの『キッチン』まで。日本の近現代文学の名作30篇に描き込まれたさまざまな「食」を通して作品の本質に迫る。作家の嗜好や日本の豊かな食文化に視点を据えて文学をたのしみながら味わいつくす、名作鑑賞入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。

  • 思ったより食へのときめきがこなかった。
    2013.06.21

  • [ 内容 ]
    樋口一葉の『にごりえ』から吉本ばななの『キッチン』まで。
    日本の近現代文学の名作30篇に描き込まれたさまざまな「食」を通して作品の本質に迫る。
    作家の嗜好や日本の豊かな食文化に視点を据えて文学をたのしみながら味わいつくす、名作鑑賞入門。

    [ 目次 ]
    第1章 穀物・豆の文学レシピ(こちそうとしてのライスカレー―村井弦斎『食道楽』;坊っちゃんはなぜ「天麩羅蕎麦」を食べたのか―夏目漱石『坊っちゃん』 ほか)
    第2章 魚・肉の文学レシピ(酸っぱい・夫婦という絆の味―上司小剣『鱧の皮』;青魚のみそ煮の仕掛け―森鴎外『雁』 ほか)
    第3章 果物・野菜の文学レシピ(「真桑瓜」の重み―正宗白鳥『牛部屋の臭ひ』;先生の愛のゆくえ―有島武郎『一房の葡萄』 ほか)
    第4章 おやつの文学レシピ(『にごりえ』と“かすていら”―樋口一葉『にごりえ』;食べられることを拒絶したチョコレート―稲垣足穂『チョコレット』 ほか)
    第5章 広義の「食」の文学レシピ(食べることと生きること―正岡子規『仰臥漫録』;芸術としての美食―谷崎潤一郎『美食倶楽部』 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

仙台白百合女子大学教授。日本ペンクラブ会員。日本女子大学大学院博士課程修了。専門は日本の近現代文学。著書に『名作の食卓──文学に見る食文化』(角川学芸出版)、『作家のごちそう帖』(平凡社新書)、編著に『日本語表現 演習と発展』(明治書院)、『小説の処方箋』『神経症と文学──自分という不自由』(以上、鼎書房)、共著に『日本女子大学に学んだ文学者たち』(翰林書房)、『永井荷風──仮面と実像』(ぎょうせい)など多数。

「2018年 『作家のまんぷく帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大本泉の作品

ツイートする