角川短歌ライブラリー岡井隆の短歌塾 入門編

著者 :
  • 角川学芸出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046526113

作品紹介・あらすじ

先生、わたしにも作れますか?今まで聞けなかった素朴なギモンに岡井先生が親身になって答える。実作の基本から作歌の奥義までこれ一冊で短歌のすべてがわかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原本は1984年に出ていて、その後1988年に発刊された『今はじめる人のための短歌入門』がこの本の続編にあたるとのことです。私の場合、『今はじめる人のための短歌入門』を読んでからこの本を読んだので、書かれている内容のわりに定価が高く感じられました。角川学芸出版には、商業主義的になりすぎないで頂きたいと思います。

    入門編というタイトルにふさわしくQ&A形式で書かれています。改めて気付かされた点などをメモしておきます。

    5. 五七五までが上の句、七七が下の句。
    7. 平凡ではないからこそ、短歌を作っている。
    27. 最後にくる七音は一首にとって大きな意味をもつ。
    29. 文芸の一種である歌は、政治的なスローガン、生な形の人生観、人情とはどこか切れたところがなければならない。それらは現実生活の中で処理すべき。
    42.44. 現代短歌の本
     『現代の短歌』(講談社学術文庫)
     『現代短歌の鑑賞一0一』(新書館)
     『現代の短歌 篠弘の選ぶ一00人三八四0首』(東京堂出版)
     『静かな生活―短歌日記二0一0』(ふらんす堂)

    いずれ、NHK学園の通信講座を始めてみようと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年1月5日、名古屋市生まれ。45年、17歳で短歌をはじめ、翌46年、「アララギ」入会、51年、現在発行人を務める歌誌「未来」創刊に参画。慶應大学医学部卒業後、内科医師として、国立豊橋病院内科医長などを歴任。83年『禁忌と好色』で迢空賞、90年『親和力』で齋藤茂吉短歌文学賞、95年『岡井隆コレクション』(評論集成)全8巻で現代短歌大賞、99年『ウランと白鳥』で詩歌文学館賞、05年『馴鹿時代今か来向かふ』で読売文学賞、07年『岡井隆全歌集』全4巻を始めとする全業績で藤村記念歴程賞、09年『ネフスキイ』で小野市詩歌文学賞、10年『注解する者』(詩集)で高見順賞、11年『X(イクス)―述懐スル私』で短歌新聞社賞受賞。その他、著作は歌集・評論集含め多数。93年から宮中歌会始選者。07年から宮内庁御用掛。

「2018年 『注解するもの、翻訳するもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角川短歌ライブラリー岡井隆の短歌塾 入門編のその他の作品

岡井隆の作品

角川短歌ライブラリー岡井隆の短歌塾 入門編を本棚に登録しているひと

ツイートする