お江 戦国の姫から徳川の妻へ

著者 :
  • 角川学芸出版
2.75
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046532152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルがお江なので,もう少し彼女の人生や性格などに寄り添った物だと期待したが,なんのことはない男側から見たとおり一般の,つまり秀吉,家康,秀忠,家光の権力交代のあらすじのようなもので,ざっと歴史を見るにはいいのかもしれないが,期待外れなものだった.

  • お江の伝記というよりも、彼女にまつわる歴史の動きを紹介した本なので、彼女について詳しく知りたい、という気持ちで読むと少し物足りないかもですが、解説書としてはわかりやすく、様々な視点から歴史の流れをとらえて書かれているのでいいと思います。逆に言えばそれだけこの「江」という人物を主人公にして描く、というのはなかなか難しいのかな、と思ったりしました(^^;)
    ちなみにご存知の方の方が多いかもですが、著者は今回の大河の時代考証をした方みたいです。

  • 織田信長の姪としてこの世に生れ落ち、
    その後、時代の流れに翻弄されながらも生き抜いたお江。

    彼女の生涯について知りたくて手にとった本書だが、
    お江本人の話、というよりはその周囲の人物について
    歴史的事実が述べられている、という印象。



    お江の実父、浅井長政は私が思っていたよりも
    したたかな武将だったらしい。

  • 戦国大名・浅井家に生まれたお江が、大きな歴史の流れの運命に翻弄されてゆく。そんな歴史背景と文面の所々に残された希少な史料が掲載され、歴史好きな者にとっては、素敵な本であろう。表紙が綺麗で惹かれた本だった。江の生き様とは違う、やはり歴史書だった。でも、大河ドラマと照らし合わせ興味深く読ませて頂きました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

静岡大学名誉教授、
公益財団法人日本城郭協会理事長

1944年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。日本中世史研究の第一人者。NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』の時代考証を担当。
主な著書に、『戦国武将』『軍師・参謀―戦国時代の演出者たち―』(ともに中公新書)、『「人望」の研究』(ちくま新書)、『石田三成』『豊臣秀次』(ともにPHP新書)、『歴史探索入門』(角川選書)、『名城と合戦の日本史』(新潮文庫)など多数。


「2017年 『徳川軍団に学ぶ組織論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

お江 戦国の姫から徳川の妻へのその他の作品

小和田哲男の作品

お江 戦国の姫から徳川の妻へを本棚に登録しているひと

ツイートする