9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方の物語

制作 : kaya8 
  • 角川学芸出版 (2011年11月15日発売)
3.35
  • (3)
  • (8)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
  • 118人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046532510

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ディズニーランドへは行ったことがないが、お客様を満足させることは世界で一番であろう。 例えアルバイトでも誇りを持っており、奉仕することの意義を感じている。 ただ、この本での感動は伝わらなかった。

  • 「9割がバイトでも」シリーズを読みやすく小説化したもの。
    キャラが分かりやすく読みやすいが、これ系の文章を読みなれていないと最初は抵抗があるかも。
    出版年が新しいので、最近の出来事などもストーリーに組み込まれていて面白かった。
    人を育てる時の参考にもなるし、ディズニーの教育プログラムの一端もうかがえる。

  • もしドラは難しいドラッカーの本を分かりやすく書いた本だけど、『ディズニーの教え方』はもともと分かりやすいだろ。と思ってはいたものの、読んでみた(なぜか自分は、こういうラノベ風ビジネスノベルが好き)。
    突っ込みどころも多々あったけど、まあ面白かった。勤務中にキャスト同士話しすぎな気もするのだけど。
    それにしても、ミッキー語はどうなんだ・・・。「ミキミキミッキー!」という言葉が出てくるたび笑ってしまう。ピカチュウかよ!
    それと、最後の原作にはない(あたりまえだけど)、311の震災をモデルにしただろう話はずるい。もう少しで泣きそうになった。

  • ビジネス書のノベライズ
    設定はラノベだけど、ところどころにビジネスのヒントが埋め込まれてある

    恥ずかしながら、最後の方はちょっとだけ感動してしまった

  • 油断した。最後ちょっと感動した。最近ラノベテイストも抵抗なく読めるようなったな~

  • 【あらすじ】
    50万部を超えるベストセラーを完全公式ノベライズ! 
    失敗続きの女子大生アルバイトと新米トレーナーの物語を通じて、ディズニーならではの人材教育メソッドを楽しく理解できる、ビジネスパーソン必読の一冊です!!

  • 間違って借りちった。まぁ「もしドラ」よりは読めるかな。

  • こんな風に仕事が出来たら幸せだろうなと思った。新人を教える事があればその時にまた読み直したい。

  • ビジネス書のノベライズ本ですが、これはただの小説になってしまったような気が。チャプター毎にまとめを載せたりしてればよかったのですが。参考とするのはちょっと難しそうですね。

  • 46u5

全14件中 1 - 10件を表示

かみじま柚水の作品

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方の物語はこんな本です

9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方の物語を本棚に登録しているひと

ツイートする